※原文 : 英語
2014年2月7日

目次

Ⅰ.  (パラグラフ1-2) 

Ⅱ. マンデート及び方法 (同3-23)

 A.北朝鮮の非協力 (同9-11)

 B.作業の方法 (同12-20)

 C.報告された人権侵害の法的枠組み及び立証基準 (同21-22)

 D.証言のアーカイビング及び記録管理 (同23)

Ⅲ. 調査委員会の主な調査結果 (同24-73)

 A.思想,表現及び宗教の自由に対する侵害 (同26-31)

 B.差別 (同32-37)

 C.移動及び居住の侵害 (同38-45)

 D.食料の権利及び生存権に関する侵害 (同46-55)

 E.恣意的拘禁,拷問,処刑及び収容所 (同56-63)

 F.外国からの拉致及び強制失踪 (同64-73)

Ⅳ. 人道に対する罪 (同74-79)

Ⅴ. 結論及び勧告 (同80-94)