慢性的な電力難を解消するために原子力発電所の建設が進められている、との噂が北朝鮮国内で広がっている。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えたものだ。

慈江道(チャガンド)の情報筋によると、最近幹部を対象にして開催されている政治講演会で原発の話が頻繁に取り上げられている。今年の夏には、朝鮮労働党創建70周年を契機に、原発で発電された電気が供給されるようになるという噂が出回っていた。

煕川(ヒチョン)1号発電所のために建設された龍林ダムは、元々原発の冷却水を確保するためのものだったという噂や、白頭山英雄青年発電所の3号発電所や漁郎(オラン)発電所も、実は原発だという噂も出回っているとのことだ。

南浦(ナムポ)市在住の情報筋も「我が国も核を保有するようになったので、核技術と財源を原発に投入できる条件が整ったと幹部たちが宣伝している」「韓国や日本では海辺に原発があるが、有事の際に攻撃されれば大変なことになる。そこで、北朝鮮は山奥に原発を建設しているとの噂が流れている」と語った。

複数の情報筋は「幹部が公の場で繰り返し原発に言及しているだけに、単なる噂ではないだろう」と見ている。

河川に面した立地

一方で、噂を否定する意見も強い。