北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、金正恩第1書記が、新型大口径ロケット砲の試射を視察したと報じた。北朝鮮は前日、北東部の咸興(ハムン)市付近から飛翔体5発を発射しており、正恩氏が視察したのはまさにこれであろう。

朝鮮中央通信は、視察を報じた記事(朝鮮語版)の中で、これが「実戦配備を前にした最終試験射撃」であると報じている。金正恩氏が開発中や配備されたばかりの新兵器のテストを視察することはよくあるが、「最終試験」であることが明言されるのは珍しい。

口径300ミリと伝えられるこのロケット砲の射程は、推定で約200キロ。これが軍事境界線付近で発射された場合、韓国の首都圏全域と中部の米軍基地、陸海空軍本部がある忠清南道(チュンチョンナムド)鶏竜台(ケリョンデ)にまで到達する。音速の5倍のスピードで低空を飛行するため、今ある韓国軍の迎撃システムは用をなさない。

これが意味するのは、金正恩氏はいつでも韓国を攻撃できるようになった――ということではない。そうではなく、仮に米韓が北朝鮮への先制攻撃を意図した場合、このロケット砲による破壊を覚悟しなければならなくなった、ということなのだ。

こうした構図は、金正日時代までの朝鮮半島には存在しなかったものだ。極端な秘密主義を取る北朝鮮は、兵器の数や性能をひた隠しにした。それに対して米韓は、最新兵器の増強ぶりを誇示することで、北からの不気味な軍事圧力を抑止していた。

その関係が、最近になって逆転してきているように見える。米韓が、金正恩氏への「斬首作戦」の動きを見せて不気味さを漂わせる一方、正恩氏は最新兵器から自分の“ヘンな写真”までをかたっぱしから公開する情報戦略で対抗しているのだ。


それでも、総合的な軍事力で勝る米韓が優勢なのは言うまでもない。しかし現代の民主主義国家というものは、「国民と国富の一部を犠牲にしてでも、先手必勝でやっちまおう!」などという判断は出来ないようになっている。一方、北朝鮮のような残忍な独裁体制は、国家のために国民を平気で犠牲にする。だから、経済制裁にもよく耐えてしまう。

こうした構図のまま時間が経過すれば、いずれ朝鮮半島のパワーバランスにも変化が出てくる可能性はある。

もし、30年後も金正恩体制が今と変わらず、その間に300発の核弾頭が製造され、日本の大部分を射程に収める中距離弾道ミサイル「ノドン」や弾道ミサイル潜水艦に搭載されたらどうなるだろうか。正恩氏がブチ切れて「核の報復」に出てくるのを覚悟で、経済制裁を強化したり、集団的自衛権の行使に踏み切ったりできるだろうか?

そうなる前に根本的な原因を除去すべきなのだが、そのために使える時間は無限にあるわけではない。金正恩氏の暴走の裏に何があるかを読み、抜本的な対策を練ることが必要だ。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事