しかし現代の民主主義国家というものは、「国民と国富の一部を犠牲にしてでも、先手必勝でやっちまおう!」などという判断は出来ないようになっている。一方、北朝鮮のような残忍な独裁体制は、国家のために国民を平気で犠牲にする。だから、経済制裁にもよく耐えてしまう。

(参考記事:橋崩落で500人死亡の「地獄絵図」…人民を死に追いやる「鶴の一声」

こうした構図のまま時間が経過すれば、いずれ朝鮮半島のパワーバランスにも変化が出てくる可能性はある。

もし、30年後も金正恩体制が今と変わらず、その間に300発の核弾頭が製造され、日本の大部分を射程に収める中距離弾道ミサイル「ノドン」や弾道ミサイル潜水艦に搭載されたらどうなるだろうか。正恩氏がブチ切れて「核の報復」に出てくるのを覚悟で、経済制裁を強化したり、集団的自衛権の行使に踏み切ったりできるだろうか?

(参考記事:金正恩氏が日本を「核の射程」にとらえる日

そうなる前に根本的な原因を除去すべきなのだが、そのために使える時間は無限にあるわけではない。金正恩氏の暴走の裏に何があるかを読み、抜本的な対策を練ることが必要だ。

(参考記事:金正恩氏が「暴走」をやめられない本当の理由

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事