北朝鮮メディアが、ロシア政府が5月に開催する戦勝70周年記念式典を、言葉をきわめて持ちあげている。式典には「金正恩氏が出席する」とロシア政府が発表していることもあり、その実現可能性を占う意味でも注目される。

朝鮮労働党機関紙の労働新聞は3月30日付に、「ロシアでの戦勝70周年慶祝行事の準備事業」と題した記事を掲載。ウクライナ情勢をめぐる米国などの対応を非難しつつ、式典はロシアの実力を見せつける場になるだろうとの見方を示している。

北朝鮮とロシアは最近、人権問題やウクライナ情勢など、それぞれが抱える国際的な懸案に関し、「公式報道」を通じた“援護射撃”や“エールの交換”を頻繁に行っている。