北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は13日、米韓などが「われわれの核弾頭爆発実験にかこつけて極悪非道な特大型の挑発を強行している」と非難するスポークスマン談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

韓国軍は北朝鮮の5回目の核実験を受け、「北が核攻撃の兆候を見せたら金正恩氏ら指導部を直接攻撃する」との方針を打ち出しており、それに敏感に反応したものと言える。

談話は、「米帝とその追随勢力がいわゆる『体制崩壊』と『平壌席巻』を狙った『斬首作戦』に進入しようとするいささかの兆しでも見えるなら、(中略)核弾頭を満装弾した朝鮮人民軍戦略軍火星砲兵部隊に対する即時の発射命令につながる」などと述べている。

「火星(ファソン)」は中距離弾道ミサイル・ノドンのことで、北朝鮮が特定の兵器名を挙げて相手国を威嚇するのは珍しい。