北朝鮮の金正恩第一書記が、弾道ミサイルの大気圏内再突入「環境模擬試験」に直接出向き、「核攻撃能力の信頼性をより高めるために、早いうちに核弾頭の爆発試験と核弾頭装着可能な数種類の弾道ロケット(ミサイル)の試射を断行する」という指示を下したという。朝鮮中央通信が15日、報じた。

弾道ミサイルの大気圏再突入試験を現地指導する金正恩氏(2016年3月15日付労働新聞より)
弾道ミサイルの大気圏再突入試験を現地指導する金正恩氏(2016年3月15日付労働新聞より)

金正恩氏は、「弾道ロケットの技術において大きな進展が遂げられ、国防力と軍需工業の自立性を強化し、白頭山革命強兵の不敗の軍事力を非常に高められるようになった」と述べた。