90年代の中国は外貨規制が厳しく、地域ごとに闇レートに大きな差があった。供給量の多い大都市では安く、地方では高かった。同様の現象が北朝鮮でも起きている。

例えば、10月末現在、平壌では1ドルが5400北朝鮮ウォンだが、中朝国境沿いの新義州(シニジュ)では5300北朝鮮ウォン、恵山(ヘサン)では5100北朝鮮ウォンと差が大きくなる。

この地域レート差に目をつけた鉄道警察が、組織的な外為取引を行っているという。平壌在住で現在は中朝国境地帯に滞在中のデイリーNK内部情報筋が、その実体みを詳しく説明した。

平均年収4年分の利ざや

地域差を利用した組織的な外為取引の中心となるのは、平壌乗車保安署(鉄道警察)の署長、政治部長などだ。まず、優秀な保安員を選抜し、2人1組で外貨両替チームを作る。次にトンジュ(金主、新興富裕層)や平壌の両替商から資金を預かる。

資金を携えたチームは、列車に乗ってレートのいい地域に向かう。一般乗客なら切符、旅行証など必要品が多く面倒だが、このチームは、鉄道関係者という職権を利用して、電車賃も旅行証も必要ない。現地に到着後、両替商を訪ねて平壌より有利なレートで両替をする。

例えば平壌なら1ドル両替に5400ウォンだが、恵山なら5100円で300ウォンの利ざや生まれる。1ドル程度なら微々たる額だが、10万ドル(1200万円)なら3千万ウォン(3700ドル=45万円)の利ざや生まれる。職種や地域によって差があるが、一般労働者の平均年収4年分以上を稼げるのだ。

この利益は、資金提供者と保安署で折半し、「機関資金」の名目で幹部の懐に入る仕組みだ。大量の資金を持った彼らは、まさに責任幹部の「特命」を受けたも同然。両替に時間がかかった場合、列車の出発を遅らせるほどの特別扱いだという。

特命「外貨両替チーム」は、平壌と新義州を結ぶ5列車、6列車、平壌と豆満江を結ぶ7列車、8列車を利用する。それぞれ5時間、26時間と長時間の移動だが、ベッドがふかふかの上級寝台のコンパートメントに乗り、快適に往来する。曜日によっては国際列車と併結されるので、運行状況も比較的良好だ。

一般の乗車保安員も、彼らのおかげで給料がもらえると考え、様々な便宜を図る。この外貨両替チームの存在は、車掌や一般乗客にも知られており「トン(=お金)ドンジ」つまり「カネ同志」と呼ばれている。

    関連記事