北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は19日、米韓首脳会談で採択された共同声明を強く非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が報じた。

論評は「外部勢力を後ろ盾にして同族と対決した者らの終えんがいつも悲惨であった」などとして、米韓の結束をけん制している。

朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。

「労働新聞」 上司と手先の反共和国茶番劇を糾弾

 【平壌10月19日発朝鮮中央通信】米国を訪れた朴槿恵が、世界の面前でオバマと共に奇怪な反共和国茶番劇を演じた。

南朝鮮の執権者は米大統領とのいわゆる「北に関する共同声明」と共同記者会見で、生意気にも「北を核保有国に認めない」「より強力な制裁」「北の『人権』問題が嘆かわしい」などの悪態を並べ立てた。