韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と米国のオバマ大統領は16日(日本時間17日未明)、ワシントンで会談し、「2015北朝鮮に関する韓米共同声明」を採択した。両国首脳が北朝鮮の核・ミサイル問題と人権問題に限定して共同声明を出したのは今回が初めて。

両国首脳は声明で、「北朝鮮の核問題を最高の緊急性と確固たる意志を持って取り扱うことに合意した」と表明。北朝鮮に対し、核および弾道ミサイル開発を禁じた国連安保理決議などを即時完全に順守することを求めた。

金正恩氏に「楽観」許さぬ内容

また、北朝鮮が核・弾道ミサイル開発を完全に放棄した場合、「北朝鮮により明るい未来を提供する準備ができている」とする一方、北朝鮮における「人権侵害に対する責任を糾明」すると明記。

金正恩体制が、楽観的な将来を描くのを許さない内容となっている。

声明の全文は次のとおり。