北朝鮮当局は、ここ最近、密輸の取締に力を入れているが、朝鮮人民軍の「衛戍警務部(憲兵隊)」は、相変わらず密輸に励んでいる。また、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)傘下の水産基地でも密輸が盛んに行われていることがデイリーNKの内部情報筋によって明らかになった。

北朝鮮の漁船(本文とは関係ありません)
北朝鮮の漁船(本文とは関係ありません)

平安北道(ピョンアンブクト)の内部情報筋は、軍傘下機関の密輸の実態について次のように語る。

「密輸を行っているのは、平安北道にある朝鮮人民軍の砲司令部傘下の水産基地だ。黄海で採れたワタリガニを中国に密輸にして莫大な利益を上げている」

水産基地の密輸で、重要な役割を果たすのが北朝鮮の新興富裕層「トンジュ(金主)」だ。水産基地の責任者らは、トンジュたちの投資を誘致して、上部から水産基地建設の承認を引き出す。次に、年間50トンの水産物を平安北道に駐屯する砲司令部所属の軍部隊に送ることを約束して漁を行う。

最後に、海岸警備隊と国境警備隊にドルで賄賂を掴ませて、ワタリガニを中国に密輸する。いずれの事業も「金正恩第一書記の指示を根拠とするのが密輸をスムーズに進めるポイントだ」と情報筋は語る。

「水産基地建設と密輸での外貨稼ぎは元帥の『軍の水産部門を発展させよ』という指示が根拠となるし、軍部隊に水産部を送るのは『軍人たちの食生活を改善せよ』という指示に基づく事業だ。こうした建前の根拠を取り繕えば上層部も密輸を黙認せざるをえないというわけだ」(情報筋)

水産基地長たちは、トンジュの投資額に応じて30から200馬力の漁船を1000ドルから3万ドルで確保する。燃料のディーゼル油は中国から密輸する。では、水産物のやり取りは、どのように行われるのか。

「港では密輸の取締が厳しいから海上で取引をする。水産基地長は中国側の貿易業者とアポを取り、ワタリガニ1キロを150元(約1500円)で売り渡す。1キロあたり50元(約1000円)、1回に1万ドル(約123万円)以上の儲けが出る」(情報筋)

金正恩氏は、「密輸を根絶させよ」という方針を打ち出しているが、今の北朝鮮では密輸なしで外貨を稼ぐことができない。

こうした北朝鮮経済の矛盾に対して住民たちは「密輸は反逆罪扱いされるご時世なのに、元帥の指示のおかげで密輸で大儲けしている」とあきれ返っている。

【関連記事】
北朝鮮、密輸の主体は「憲兵隊」
密輸防止強化は住民生活にマイナス
密輸取締で北朝鮮のコメ価格上昇
北朝鮮の外交官がバイアグラ密売
爆薬密輸犯は中学生だった

    関連記事