さほど意味があるとは思えないエボラウイルス対策のせいで、4月11日に平壌で予定されていたテコンドー創設60周年記念式典と8月24日に予定されていた第19回テコンドー世界選手権大会が中止になってしまった。また、4月12日に予定されている平壌国際マラソンの開催も危ぶまれている状況だ。

【関連記事】
エボラは米帝の北朝鮮抹殺策動!?
北朝鮮の遅すぎる「エボラ防疫強化」に庶民の間で高まる不満
北朝鮮が入国制限解除か? 「エボラ封鎖緩和」をめぐり情報が錯綜

    関連記事