2014年、西アフリカで大流行したエボラ出血熱。世界保健機関(WHO)によると2万2942人が感染し、9209人が死亡した。

しかしWHOは今年に入り、流行は落ち着き「終息を目指す新たな段階に入った」との見方を示している。米国疾病予防管理センター(CDC)も同様の見解を示していて、リベリア、シエラレオネ、ギニアに対してのみ不要不急の渡航を控えるように促している。日本、韓国、英国、豪州なども同様の勧告を出しているが、いずれも上記の3カ国に限られたものだ。

北朝鮮もエボラウイルスの国内流入を防ぐため、外国人観光客の入国禁止と帰国した自国民や中国商人を21日間強制隔離する措置を取っている。しかし、いまに至っても措置を解除するどころかむしろ強化しており、国内外から顰蹙を買っている。また、防疫体制はいくら強化しても穴だらけだ。

エボラ統制で貿易縮小、外資誘致も困難に

平安北道(ピョンアンブクト)の内部情報筋は米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)に対して語った。

    関連記事