要人が異例の長期滞在

今秋、北朝鮮の要人が相次いでロシアを訪問した。11月18日には崔龍海(チェ・リョンヘ)朝鮮労働党書記がモスクワでプーチン大統領らと会談したが、これに先立つ同月8日には玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)人民武力部長がプーチン大統領と対面、更に10月1日には李洙墉(リ・スヨン)外務大臣が訪露、ラブロフ外務大臣らと会談していた。

?これほど急ピッチで北朝鮮要人が「ロシア詣で」を繰り返す意義はどこにあるのか。そしてロシア側は何を狙っているのか。これが本稿のテーマである。

?本年に入ってからの露朝間の要人往来については下の表を見ていただきたい。

DNKJ20150114a

?本年3月から閣僚の往来が始まり、当初はロシア側からも要人が頻繁に訪問していたが、上述のとおり、李洙墉外相訪露以降は北朝鮮側要人の訪露が相次いでいる。加えて、最近の北朝鮮要人訪露のトレンドを指摘すれば、ロシアに滞在する日程が長期化していることにある。

?李洙墉外相、崔龍海書記ともに何と7泊8日にわたった。わが国をはじめとする「通常の」外交常識では閣僚、党要人ともにひとつの相手国に1週間以上の滞在するのは非常に珍しいケースであろう。

?この北朝鮮要人によるロシア詣での意義については、日露いずれの専門家も金正恩朝鮮労働党第1副書記の訪露が近いことを示唆するものだと指摘する。いずれの有識者も指摘するのが、◇金正恩は空路でモスクワに飛ぶ可能性が高い、◇金正恩の訪露も長期間になる――の2点である。

?この2点の予測の根拠となっているのが、李洙墉外相、崔龍海書記訪露のいずれも、金正恩訪露の準備として実施されたという指摘である。両者はともに平壌から空路でモスクワを訪問、ロシア中央の要人と会談した後、極東地域に移動し極東各連邦構成体首長との会談に臨み、最後にウラジオストクから平壌に戻っている。このような、モスクワ→極東ルートは金正恩訪露の際のモデル・ケースとなるとみられる。

?鉄道プロジェクトの名は「勝利」

では、この露朝接近で両国は何を狙っているのか。北朝鮮によるロシアへの接近の意図に関しては、わが国マスコミ、専門家らは中国との関係冷却化が最も大きな原因であり、国際的孤立の回避を狙った行動であると説明しているが、これは概ね正しい指摘であろう。

今回の露朝接近は、北朝鮮側がより積極的であり、ロシアは受け身であることが、北朝鮮側要人の訪露が相次いでいることからも指摘しうる。他方、受け身であるともみられるロシアが何を狙っているのは何かと問われれば、シンプルに言えば、(1)北朝鮮の鉱山利権と、(2)ロシアと南北朝鮮つなぐ物流路の確保、にあると指摘しうる。

10月のガルシカ極東発展大臣の訪朝では、(1)露朝共同農業プロジェクト、(2)南北朝鮮エネルギーブリッジ、(3)北朝鮮国内鉄道改修プロジェクト「勝利」、(4)ケソン経済特区視察、(5)北朝鮮入国の査証問題、(6)露朝ビジネス評議会設立の概ね6点が協議された(10月28日付インターファクス通信)が、このうちロシアにとって最大の成果が(3)の鉄道改修プロジェクトへの参入であろう。

「勝利」と名付けられた鉄道改修プロジェクトは、20年間で北朝鮮国内の鉄道路3500キロを近代化するというもので、総工費は約250億ドルと見積もられている。ガルシカ大臣の発表によれば、プロジェクトの資金管理を担う露朝合弁企業が設立済みであると説明されている。

先に、ロシア側の北朝鮮との関係強化の狙いを2点挙げたが、「勝利」プロジェクトはこの2つを狙う一石二鳥の要素を持つプロジェクトである。というのも、第1に同プロジェクトの費用は北朝鮮国内で採掘された天然資源売却益で賄うものであり、工事自体も天然資源売却益が確保されてから着手されるとしている。

ガルシカ大臣はこの点、北朝鮮からの帰国後に行われた記者会見の中で「ロシアは何の資金投資もしない。これは商業的なプロジェクト」と述べ、ロシア国家予算からの支出を明確に否定している。

つまり、ロシアは本プロジェクトを足場に、国家予算による投資リスクを負うことなしに北朝鮮国内の鉱物資源、レアメタルの開発権を得たと評価しうる。

休耕地貸与に6億ドル融資も

第2には、本プロジェクトに関してロシア側は、北朝鮮の鉄道網をロシア標準である1520ミリの「広軌」に改修すると明言していることにも注目される。ご存知の方もあろうと思うが、北朝鮮国内の鉄道網は日本の植民地統治時代に敷設されたものがベースとなっているが、この鉄道網は幅1435ミリの「狭軌」である。即ち、ロシアは北朝鮮の鉄道軌道を自国基準に統一させ、物流輸送の円滑化を図ろうとしていることがわかる。

ロシアはかねてから、北朝鮮にはロシアと韓国の物流経路及び天然ガス、電力等のエネルギー輸送ルートの中継地としての意義があることを公言してきたが、この鉄道プロジェクトは北朝鮮とロシアの物流ルートの統一化を図るという意味で、ロシアの国益にかなうものである。

以上のことから、ロシアにとっての北朝鮮の意義とは経済的利益にあると評価しうる。

この点、我が国の一部マスコミでは、ロシアによる北朝鮮接近はウクライナ問題で外交的孤立状態にあるロシアが、アジア太平洋地域に位置する北朝鮮との外交関係をカードとして使うために同国との関係緊密化を進めているかのような論説も散見されるが、内実をみれば、北朝鮮側からにわかにロシアに接近していること、及びロシアにとって北朝鮮の意義は経済的利益にあることがお分かりいただけるであろう。

また、李洙墉外相、崔龍海書記ともに、モスクワ詣での後、極東各地を訪問した主たる理由が、北朝鮮とロシアの農業共同プロジェクトの交渉にあったことも指摘しておきたい。同プロジェクトは北朝鮮労働者が極東地域に点在する休耕地を耕作し、収穫物を北朝鮮に輸出ないしロシア国内で販売しようというもので、北朝鮮側は1万ヘクタール以上の土地の貸与をロシアから受けるべく、カタールとの間で6億ドル規模の資金融資を協議中であるとされている(11月14日付インターファクス通信)。

北朝鮮の政府要人は、モスクワではプーチン?金正恩の首脳会談という世界の注目を集めるテーマを協議した一方、わざわざモスクワから極東地域に移動し、農業共同プロジェクトという一見すると地味な問題を議論したことも覚えておく必要がある。

以上がこの秋までの露朝関係接近に関する分析であるが、さらに12月19日、ロシアが来年5月9日にモスクワで開催される対独戦勝記念日に金正恩を招待したと報道された(同日付朝日新聞デジタル版等)。

同記事では金正恩がこの招待を受けるかどうかは依然不透明だとされているが、一部外交専門家が主張してきた「金正恩の指導者としての初外遊地が中国ではなくロシアになる」との説は、今後ますます無視できないものとなるのは確かであろう。

ロシアを訪問した崔龍海
ロシアを訪問しプーチン大統領と握手をする崔龍海
(取材・文/深山清志)

フリージャーナリスト。ロシア極東での留学、勤務歴あり。日本企業極東進出やロシア政府の極東戦略について執筆。最近の関心事は、ロシア極東開発に対する中国の関心など。
『情報と調査』2015年1月1日号から執筆者の許諾を得て転載したものです。

    関連記事