北朝鮮の一般住民は、慢性的な食糧難に苦しんでいる。一方、平壌の富裕層は、一般住民とは別世界の住民のように、各種娯楽施設を楽しみ豪華な生活をしている。なかには、わずか一時間に一般労働者の平均賃金の25倍もの大金を払って、スポーツを楽しむ女性も少なくない。

平壌市内を散策する女性(本文とは関係ありません) ©Matt Paish
平壌市内を散策する女性(本文とは関係ありません) ©Matt Paish

デイリーNKの平壌の消息筋は次のように語る。

「平壌の富裕層の女性は、主に外国人が集まる大同江区域のクムヌン体育館で、一時間に7ユーロを出してスカッシュを楽しんでいる。頻繁に体育館に出入りする女性たちは、外国人と気楽に会い一緒に運動をしている」

いわば富裕層御用達のスポーツクラブのようなものだ。スポーツクラブで1時間に7ユーロを支払い、高級レストランやカフェで、その数倍の金額を支払って優雅な時間を過ごす。その財力は、今の北朝鮮の経済事情から見ると想像以上だと情報筋は語る。

「彼女たちの多くは、朝鮮労働党高級幹部や外貨獲得の貿易会社社長など、羽振りのいい会社の妻たちだ。また、大規模な貿易や商売で一発当てたトンジュ(金主)と呼ばれる新興富裕層も多い。平壌の中区域や牡丹峰区域の高層アパートなどで豪華な生活をしている」

富裕層の女性たちが、スカッシュ1時間で支払う7ユーロは、北朝鮮の一般労動者の平均賃金(3000ウォン)の25倍。コメ価格に換算すると15キロ(1キロ=5000ウォン)だ。

「金正恩体制になって新しくオープンした文殊(ムンス)ウォーターランドやクムヌン体育館を、北朝鮮当局は『人民のための体育文化施設が素晴らしく出来上がった』と大々的に宣伝したが、内実は富裕層のためのものに過ぎない。文殊ウォーターパークも入場料が高く、とても一般住民が気軽に行ける遊び場ではない」(平壌の情報筋)

文殊ウォーターパークの入場料は、外国人は12ユーロだが、北朝鮮国民の場合は2ユーロ(北朝鮮ウォンで2万ウォン相当)。外国人料金に比べると安いが、それでも遊びとしては高い。

外国人旅行者の観光ガイド業をするイルクン(職員)は、そこそこ稼ぎもいいことから、ウォーターパークで遊んだりするが、多くの一般住民は高い入場料がネックで行くには躊躇するようだ。

従来の特権階層と違い、トンジュたちは「お金を儲けること」の意味を知っているだけに、北朝鮮経済をリードする重要な役割を果たしていることは間違いない。その一方で、残酷なまでの貧富の格差の象徴でもある。

【関連記事】
【映像:単独入手】 北朝鮮で「生計型売春」が増加
北朝鮮の有名な芸術家が出演するポルノが存在
北朝鮮の「喜び組」に新証言「最高指導層の夜の奉仕は」
北朝鮮ではブラジャーすらタブーだった?
女性税関職員のお尻をさわって大騒ぎ

    関連記事