人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

文殊ウォーターパークの入場料は、外国人は12ユーロだが、北朝鮮国民の場合は2ユーロ(北朝鮮ウォンで2万ウォン相当)。外国人料金に比べると安いが、それでも遊びとしては高い。

外国人旅行者の観光ガイド業をするイルクン(職員)は、そこそこ稼ぎもいいことから、ウォーターパークで遊んだりするが、多くの一般住民は高い入場料がネックで行くには躊躇するようだ。

従来の特権階層と違い、トンジュたちは「お金を儲けること」の意味を知っているだけに、北朝鮮経済をリードする重要な役割を果たしていることは間違いない。その一方で、残酷なまでの貧富の格差の象徴でもある。

【関連記事】
【映像:単独入手】 北朝鮮で「生計型売春」が増加
北朝鮮の有名な芸術家が出演するポルノが存在
北朝鮮の「喜び組」に新証言「最高指導層の夜の奉仕は」
北朝鮮ではブラジャーすらタブーだった?
女性税関職員のお尻をさわって大騒ぎ

    関連記事