北朝鮮国営の朝鮮中央通信は2日、日本が地上配備型の弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の導入を推進していることに対し、「無分別だ」と非難する論評を掲載した。

(参考記事:「日本のサムライ妄動に千倍の復讐」北朝鮮メディア

論評は、「このような迎撃システム配備劇がわが朝鮮の主動的な努力によって朝鮮半島と地域に前例のない情勢緩和の薫風が吹いているこんにちも相変わらず推進されている事実である」と指摘。

続けて「これは、日本反動層の『イージス・アショア』配備騒動が本質上、軍事大国化を実現するためのヒステリックな策動にすぎないということを示している」としながら、「無分別なヒステリーには、いつも悲惨な結果が伴うもの」だと主張した。

    関連記事