北朝鮮国営の朝鮮中央通信は23日、「園児まで暴行する国が『法治国家』なのか」と題した論評を配信し、日本の反動層が在日朝鮮人の「民族教育を崩すことを主要目標にしている」と非難した。

論評によれば18日未明、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の鶴見朝鮮幼稚園(神奈川県)のガラス窓が「日本のならず者らによってひどく破壊される事件が起こった」という。論評はこの出来事ともに、2月に発生した総連本部への銃撃事件、朝鮮高校に対する無償化適用除外問題、税関が北朝鮮から戻った朝鮮高校生たちからお土産を押収した問題などに言及。

「自国に居住する他民族構成員に対する過酷な弾圧を日常茶飯事として勝手気ままに働いたあげく、社会的保護対象である幼い生徒と園児までテロの対象にしてヒステリックな発作症を起こす行為に対して今、世界は『法治国家』を唱えてきた日本の道徳的低劣さを再び実感している」と主張した。

さらに、「日本のサムライの妄動に接したわれわれの千万軍民は今、朝鮮民族の千年来の敵である島国の夷(えびす)とは必ず決算するという百倍、千倍の復しゅうの念で血をたぎらせている」と息巻きながら、「事件の真相究明と犯罪者処罰、再発防止対策など、日本当局の今後の動きに対しても鋭く注視する」と述べた。

同通信の報道全文は次のとおり。

園児まで暴行する国が「法治国家」なのか 朝鮮中央通信社論評

【平壌7月23日発朝鮮中央通信】低俗極まりない政治いびつである日本が、世界の面前でまたもや自分らの稚拙な姿をさらけ出した。

去る18日未明、総聯(朝鮮総聯)の神奈川県本部管下鶴見朝鮮幼稚園のガラス窓が日本のならず者らによってひどく破壊される事件が起こった。

朝鮮は、今回の事件を日本政府が民族差別と朝鮮人弾圧など、反朝鮮、反総聯の社会的風潮を意図的に助長させている中で起こった暴力事件として、去る2月に発生した総聯中央会館に対する拳銃乱射事件と本質的に同じテロ行為だと断言する。

去る2月23日、日本の極右反動団体と結託したごろつきは総聯中央会館に数発の銃弾を乱射して総聯の活動家と在日同胞の身辺安全を甚しく脅かし、建物を破損させる極悪非道な犯罪行為を働いた。

看過できないのは、日本の反動層が朝鮮半島の情勢緩和の兆しが現れると非常に不安がり、と焦燥感にとらわれて朝鮮の海外公民団体である総聯を抹殺するために在日朝鮮人運動の命脈を継いでいく新世代に対する民族教育を崩すことを主要目標にしていることである。

今、日本の反動層は朝鮮学校を財政的に圧迫して高等学校支援の対象から唯一、朝鮮高級学校だけを除くなど、各種の不当な差別措置を講じて卑劣な謀略に執着している。

朝鮮学校に対する不法な捜索騒動と通学路についた生徒らに対する歯ぎしりする侮辱と暴行、総聯の教育活動家と後援団体に対する検挙と制裁など、殺伐な雰囲気を醸成している。

去る6月にも、日本の税関当局は祖国を訪問して帰ってきた神戸朝鮮高級学校生徒らの荷物を隅々まで探って祖国の家族、親戚が送る記念品はもちろん、「朝鮮」という文字と共和国旗が刻まれた運動服と生活用品まで押収する暴挙を働いた。

自国に居住する他民族構成員に対する過酷な弾圧を日常茶飯事として勝手気ままに働いたあげく、社会的保護対象である幼い生徒と園児までテロの対象にしてヒステリックな発作症を起こす行為に対して今、世界は「法治国家」を唱えてきた日本の道徳的低劣さを再び実感している。

このような一族があえて誰それの「人権」問題を持ち出して尊厳ある人民大衆中心のわれわれの社会主義制度を謗り謀略にかけることこそ、不条理である。

日本の反動層が反朝鮮・反総聯策動に狂奔するほど、人権の不毛の地、テロと民族差別の本拠地である日本の醜悪な正体を世界の前にさらにことごとくさらけ出すだけである。

日本のサムライの妄動に接したわれわれの千万軍民は今、朝鮮民族の千年来の敵である島国の夷(えびす)とは必ず決算するという百倍、千倍の復しゅうの念で血をたぎらせている。

われわれは、日本のエスカレートする対朝鮮敵視策動、反総聯騒動を決して袖手傍観しないであろう。

事件の真相究明と犯罪者処罰、再発防止対策など、日本当局の今後の動きに対しても鋭く注視するであろう。---

    関連記事