今年の防衛費を過去最高である5兆2574億円に策定した日本は、「専守防衛」のベールを脱ぎ捨てて空母保有、長距離巡航ミサイルと武器レベルのコンピュータウイルスの開発など、「自衛隊」の先制攻撃能力の強化に執着している。

一方、攻撃型武力に変身した「自衛隊」の軍事作戦範囲を引き続き広めながら、海外進出を「定例化」し、戦争遂行能力を熟達している。

「朝日新聞」(5月29日付け)は、日本が米国の同盟国の中で最大規模のF35系列戦闘機集団を保有するようになった事実に触れ、遠からず空母化された「自衛隊」の艦船が最新鋭ステルス戦闘機F35Bを搭載してインド太平洋全域で活動することになるだろうと明らかにした。

今、日本は自分らの軍事大国化策動が周辺の諸大国の進出をけん制するところに目的をおいていることについて公然と唱えている。

「イージス・アショア」に関連しても、昨年にもはや北朝鮮の脅威が減る場合にも導入に向けた努力を続けていくと決定して、地上配備型迎撃システムが誰を標的にしているかを明白に示唆した。

諸般の事実は、絶え間ない武力増強策動によってアジアの「盟主」になってみようとするサムライ後えいの野望は過去も現在も変わりがないということを実証している。

国際社会は、人類にまたもや残酷な災難を浴びせかけようとのさばる日本の反動層を絶対に許さないであろう。

無分別なヒステリーには、いつも悲惨な結果が伴うものである。---

    関連記事