北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は9日、日米両国が共同開発している新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の迎撃実験が米ハワイで行われたことに対し、「地域の平和と安全を破壊する重大な軍事的挑発行為」だと反発する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

防衛省は10月26日、同ミサイルの迎撃実験がハワイで行われ、成功したと発表した。迎撃実験は4回目で、直近2回は失敗していた。防衛省は2021年度に同ミサイルを導入する方針。秋田県と山口県への配備を目指す陸上配備型の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」や海上自衛隊のイージス艦に搭載する予定となっている。

論評は「日本反動層の下心はなんとしても朝鮮からの『脅威』説を大げさにけん伝して地域の情勢を緊張状態へ逆戻りさせ、自分らの再侵略野望を必ず実現してみようとすることだ」と決めつけた。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 日本軍国主義狂信者らの好戦的妄動を糾弾

【平壌11月9日発朝鮮中央通信】先日、日本がハワイ沖合いで米国と迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の試射を行った。

今回の迎撃ミサイル試射は、昨年6月と今年1月の試射に失敗したのに続いて行われたことである。

このような試射は今後、数回ももっと行われる予定だという。

日本のメディアは、今回の試射が朝鮮の「弾道ミサイル脅威」に対処するための地上迎撃ミサイルシステム導入計画によることだとし、その当為性について宣伝した。

日本は、2021年までこのミサイルの開発を完成して実戦配備しようとしている。

9日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、このような無分別な軍事的狂気は地域の平和と安全を破壊する重大な軍事的挑発行為であると糾弾した。

同紙は、日本反動層の下心はなんとしても朝鮮からの「脅威」説を大げさにけん伝して地域の情勢を緊張状態へ逆戻りさせ、自分らの再侵略野望を必ず実現してみようとすることだとし、次のように強調した。

日本を戦争国家につくるのは安倍一味の最終目標である。

日本反動層の憲法改悪策動は民心に背を向けた者らの断末魔のあがきにすぎない。

日本が行く再侵略の道、戦争の道は滅亡のどん底へいっそう深く陥る道である。

安倍をはじめとする軍国主義狂信者らが敗戦の歴史を忘却し、再侵略の野望に狂ってのさばるほど与えられるのはただ全世界の抗議、糾弾と恥ずべき自滅だけである。---

    関連記事