北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は8日、海上自衛隊の旭日旗(自衛艦旗)掲揚を巡る日韓の摩擦に絡み、「軍国主義者の凶悪な下心の表れ」だとして日本を非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

旭日旗の問題を巡っては、同通信もこの日、同様の論評を配信している。

労働新聞の論評は、「日本の反動層が海上『自衛隊』の艦船に侵略の象徴である「旭日旗」を公然と掲げて済州島に入ると言い張ったのは、朝鮮民族と国際社会に対する我慢できない冒とくであり、愚弄である」と反発。

また「日本が済州島で行われる『観艦式』に参加してもしなくても、朝鮮半島とアジア諸国をまたもや侵略し、踏みにじろうとする軍国主義狂信者らの凶悪な下心は決して変わらない」と決めつけた。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 日本反動層の厚顔無恥な詭弁を糾弾

【平壌10月8日発朝鮮中央通信】日本の反動層が済州島で開かれる「観艦式」に「旭日旗」を掲げた海上「自衛隊」艦船を参加させると片意地を張って内外の大きな非難と憤怒をかき立てた。

防衛相の小野寺をはじめとする日本の反動層は「旭日旗」掲揚に反対することに対していわゆる「主権の象徴」だの、非常識で礼儀のない行為だの、何のとでまかせにしゃべって、かえって自分の方から受容できないと強弁を張った。

8日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、日本の反動層が海上「自衛隊」の艦船に侵略の象徴である「旭日旗」を公然と掲げて済州島に入ると言い張ったのは、朝鮮民族と国際社会に対する我慢できない冒とくであり、愚弄であると糾弾した。

同紙は、これには日本は堂々と戦争を行える国家であり、「大東亜共栄圏」の昔の夢を放棄していないことを国際社会に公然と誇示しようとする高慢な下心が敷かれていると暴露した。

また、現実は日本の「自衛隊」が「旭日旗」をはためかせて「大東亜共栄圏」の昔の夢を実現するために朝鮮半島とアジア諸国を侵略する道に飛び込むのは時間の問題になっているということを示していると主張した。

同紙は、日本が済州島で行われる「観艦式」に参加してもしなくても朝鮮半島とアジア諸国をまたもや侵略し、踏みにじろうとする軍国主義狂信者らの凶悪な下心は決して変わらないと強調した。---

    関連記事