同紙は、これには日本は堂々と戦争を行える国家であり、「大東亜共栄圏」の昔の夢を放棄していないことを国際社会に公然と誇示しようとする高慢な下心が敷かれていると暴露した。

また、現実は日本の「自衛隊」が「旭日旗」をはためかせて「大東亜共栄圏」の昔の夢を実現するために朝鮮半島とアジア諸国を侵略する道に飛び込むのは時間の問題になっているということを示していると主張した。

同紙は、日本が済州島で行われる「観艦式」に参加してもしなくても朝鮮半島とアジア諸国をまたもや侵略し、踏みにじろうとする軍国主義狂信者らの凶悪な下心は決して変わらないと強調した。---

    関連記事