北朝鮮国営の朝鮮中央通信は8日、海上自衛隊の旭日旗(自衛艦旗)掲揚を巡る日韓の摩擦に絡み、日本を非難する論評を配信した。

(参考記事:北朝鮮、自衛隊訓練の中止に気づかず非難

旭日旗を巡っては、韓国南部・済州島で11日に開かれる国際観艦式で、韓国側が海自の護衛艦に対し旭日旗を掲げないよう要求。日本はこれを拒否し、護衛艦の派遣を中止した。

論評は、「20世紀に日帝が『大東亜共栄圏』を唱えてアジア諸国に対する侵略戦争を強行する時に『大和魂』の象徴として銃剣につけていた罪悪の旗がまさに『旭日旗』である」と指摘。

続けて「朝鮮半島を平和の地につくっていこうというわが民族の確約と実践的措置が世人の支持と歓迎を受けている時に、侵略戦争の象徴である『旭日旗』を公然と揚げるという醜態は平和を念願するわが民族と国際社会に対する我慢できない冒とく、愚弄である」と反発した。