北朝鮮国営の朝鮮中央通信は28日、金正恩党委員長が中国の習近平国家主席の招請に応じ、25日から28日まで非公式に訪中したことを伝えた。

金正恩氏にとって、最高指導者としての初の外遊であり、また4月末に南北首脳会談、5月には米朝首脳会談を控えるなど、北朝鮮を取り巻く情勢の転換点とも言える時期だけに、同通信による公式報道は訪中に大きな意義を付与する内容となっている。

報道は◆非公式訪問の概要◆中国側が開いた歓迎式典金正恩氏と習氏の会談習氏が開いた歓迎宴歓迎宴での金正恩氏の演説習氏夫妻が金正恩夫妻を招いた昼食会金正恩氏が習氏に送った感謝電文習氏が歓迎宴で行った演説――以上の8本の記事で構成された。

一連の報道では、北朝鮮と中国の伝統的な友誼の健在を強調している。中国側の盛大な歓迎ぶりを伝えるとともに、金正恩氏が歓迎宴の演説で「初の外国訪問の足取りが中国の首都になったのはあまりにも当然であり、これは朝中親善を代を継いで生命のように大事にし、つないでいかなければならない私の崇高な義務」であると述べたことも明らかにしている。

報道はまた、習氏が会談と演説でそれぞれ次のように述べたとしている。

「最近、朝鮮半島の情勢で肯定的変化が現れているのは金正恩委員長の戦略的決断と朝鮮の党と政府が傾けた努力の結実である」(会談)

「国際および地域の情勢がどのように変わっても、われわれ双方は世界発展の大きな流れと中朝関係発展の全般的な局面をしっかりとらえ、高位級往来を強化して戦略的意思疎通を深化させ、交流と協力を拡大していくことによって両国と両国人民に幸福を与えると確信する」(演説)

朝鮮半島での新たな情勢の展開を受けて、中朝が戦略的利害で一致を見出しつつあることを示唆しているようにも読める。

なお、訪中には李雪主(リ・ソルチュ)夫人と朝鮮労働党の崔龍海(チェ・リョンヘ)、朴光浩(パク・クァンホ)、李洙墉(リ・スヨン)、金英哲(キム・ヨンチョル)の各副委員長と李容浩(リ・ヨンホ)外相、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、金成男(キム・ソンナム)、金炳鎬(キム・ビョンホ)の各党副部長らが随行した。

一連の報道全文は次のとおり。

金正恩国務委員長が中国を非公式訪問

【平壌3月28日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長である最高指導者金正恩同志が、中国共産党中央委員会総書記で中国国家主席であり、中央軍事委員会主席である習近平同志の招請によって3月25日から28日まで、中国を非公式訪問した。

金正恩委員長と共に李雪主女史が同行し、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮国務委員会副委員長であり、党中央委員会副委員長である崔龍海氏と朝鮮労働党中央委員会政治局委員で党中央委員会副委員長である朴光浩、李洙墉、金英哲の各氏、朝鮮労働党中央委員会政治局委員で外相である李容浩氏、朝鮮労働党中央委員会副部長である趙甬元、金成男、金炳鎬の各氏、朝鮮国務委員会のメンバーが随行した。

金正恩委員長が乗った特別列車が丹東に到着すると、駅で中国共産党中央委員会対外連絡部長の宋濤氏、遼寧省党委員会書記の陳求発氏、中国鉄道総公司総経理の陸東福氏、李進軍駐朝中国大使、遼寧省党委員会常務委員で秘書長である劉煥鑫氏、丹東市党委員会書記である葛海鷹氏が迎えた。

金正恩委員長は、宋濤氏一行が首都から遠く離れた国境都市にまで出迎えてくれたことに謝意を表した。

宋濤氏は、習近平同志の委任によって北京から来たとし、金正恩同志と李雪主女史の中国訪問を熱烈に歓迎すると述べた。

金正恩委員長は26日、北京に到着した。

中国共産党中央委員会政治局常務委員会委員で党中央委員会書記処書記である王滬寧 氏と中国共産党中央委員会政治局委員で書記処書記であり、党中央委員会弁公庁主任である丁薛祥氏、中国共産党中央委員会対外連絡部長である宋濤氏、中国鉄道総公司総経理である陸東福氏、李進軍駐朝中国大使が出迎えた。

金正恩委員長は、出迎えた中国の党と政府の幹部とあいさつを交わした。

金正恩委員長と李雪主女史が乗った自動車行列は21台のオートバイに護衛されて釣魚台国賓館に向かった。

金正恩委員長の中国訪問を歓迎する儀式が、人民大会堂で盛大に挙行された。

金正恩委員長と習近平主席間の会談が行われた。

金正恩委員長に会談後、習近平主席と彭麗媛女史が誠意をこめて用意した贈物を差し上げた。

金正恩委員長は、これに謝意を表した。

金正恩委員長の中国訪問を熱烈に歓迎して、習近平主席が人民大会堂で盛大な宴会を催した。

金正恩委員長は27日、中国科学院で中国共産党第18回大会以降、収めた革新的な成果を見せる展示場を見て回った。

崔龍海、朴光浩、李洙墉、金英哲、李容浩の各氏をはじめ随行員が同行した。

王滬寧、丁薛祥、蔡奇、宋濤の各氏が共に見て回った。

金正恩委員長は、核物理、宇宙空間、農業、エネルギーなどの自然科学技術分野で収めた成果に関する解説を受けながら、展示物を見て回った。

金正恩委員長は参観を記念して、「偉大な隣邦である中国の強大さが分かる。中国共産党の賢明な指導の下、より立派な科学成果を達成することになるだろう。金正恩.2018.3.27」という親筆を残した。

金正恩委員長と李雪主女史は同日、釣魚台国賓館養源斎で習近平主席と彭麗媛女史が催した昼食会に招待された。

金正恩委員長は昼食会の後、習近平主席と別れのあいさつを交わした。

金正恩委員長は27日午後、中国に対する非公式訪問を終えて北京を発った。

金正恩委員長を北京駅で王滬寧、丁薛祥、宋濤の各氏が歓送した。

金正恩委員長を宋濤、陸東福、李進軍の各氏が丹東駅まで同行して見送った。

金正恩委員長は、丹東駅を発ちながら訪問の期間、温かい同志的友誼と親善の念をこめて、最大の誠意を尽くして真心こめて歓待してくれた習近平主席に感謝電文を送った。---

金正恩国務委員長を歓迎する儀式 人民大会堂で

【平壌3月28日発朝鮮中央通信】中国を非公式訪問する朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長である最高指導者金正恩同志と李雪主女史を歓迎する儀式が26日、人民大会堂で盛大に挙行された。

金正恩国務委員長が李雪主女史と共に人民大会堂に到着すると、中国共産党中央委員会総書記で中国国家主席であり、中央軍事委員会主席である習近平同志と彭麗媛女史が温かく出迎えた。

金正恩国務委員長は、習近平国家主席と固く握手した。

習近平主席は、金正恩委員長が初の外国訪問として中国を訪れたことを熱烈に歓迎した。

金正恩委員長は、習近平主席が今回の訪問に細心な関心を払って熱く歓待していることに深い謝意を表した。

金正恩委員長と李雪主女史は、習近平主席と彭麗媛女史と共に記念写真を撮った。

金正恩委員長は、北大庁に立ち入って中国の党と政府の幹部と一人一人握手し、あいさつした。

金正恩委員長と習近平主席が壇上に上がると、愛国歌と中国国歌が奏楽された。

金正恩委員長に、中国人民解放軍陸軍・海軍・空軍儀仗隊隊長が迎接報告をした。

金正恩委員長は、習近平主席に案内されて中国人民解放軍陸軍・海軍・空軍儀仗隊を査閲した。---

金正恩国務委員長が習近平国家主席と会談

【平壌3月28日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で、朝鮮国務委員会委員長である最高指導者金正恩同志と中国共産党中央委員会総書記で中国国家主席であり、中央軍事委員会主席である習近平同志間の会談が26日、人民大会堂で行われた。

朝中両党、両国の最高指導者たちは、朝中親善関係の発展と朝鮮半島の情勢管理問題をはじめ、重要な事案について意見を交換した。

金正恩委員長は、習近平主席と意義深い初の対面をするようになったことを嬉しく思うと述べた。

金正恩委員長は、両国の老世代指導者たちがもたらし、強化し、発展させてきた朝中親善の貴重な伝統を継承して、発展する時代の要求に即して新たな高い段階に引き上げようとするのは朝鮮労働党と政府の確固たる決心であると語った。

習近平主席をはじめ中国同志たちにたびたび会って友誼をいっそう厚くし、戦略的意思疎通、戦略・戦術的協同を強化して、朝中両国の団結と協力を強固にしていかなければならないと述べた。

金正恩委員長は、習近平主席を核心とする中国共産党の正確な指導の下で中国人民が新時代の社会主義現代化強国建設偉業と中華民族の偉大な繁栄という中国の夢を実現するための闘いで立派な成果を収めるとの期待を表明した。

習近平主席は、金正恩委員長が初の外国訪問として中国を訪れたことを熱烈に歓迎した。

老世代指導者たちが共同の理想と信念、厚い革命的友誼を持って社会主義偉業の勝利的前進に寄与する過程に自らもたらして真心こめて築いてきた中朝親善を重視し、絶えず継承し、発展させていくのは中国の党と政府の戦略的選択であり、確固不動の意志であると強調した。

最近、朝鮮半島の情勢で肯定的変化が現れているのは金正恩委員長の戦略的決断と朝鮮の党と政府が傾けた努力の結実であると述べた。

習近平主席は、金正恩委員長の指導の下で朝鮮労働党が朝鮮人民を導いて社会主義の道に絶え間なく前進し、経済を発展させ、人民の生活を改善するための活動で新たな成果を収めるとの確信を表明した。

金正恩委員長は、党と政府の名義で習近平主席が便利な時期に朝鮮を公式訪問することを招請し、招請は快く受諾された。

会談には、朝鮮側から朝鮮労働党中央委員会政治局委員で党中央委員会副委員長である李洙墉、金英哲の両氏と党中央委員会政治局委員で外相の李容浩氏が参加した。

中国側からは中国共産党中央委員会政治局常務委員会委員で党中央委員会書記処書記の王滬寧氏と党中央委員会政治局委員で書記処書記であり、党中央委員会弁公庁主任である丁薛祥氏、党中央委員会政治局委員で書記処書記であり、宣伝部長である黄坤明氏、中国共産党中央委員会政治局委員である楊潔篪氏、国務委員で外交部長である王毅氏、党中央委員会対外連絡部長である宋濤氏が参加した。---

金正恩国務委員長の中国訪問を歓迎して習近平国家主席が宴会催す

【平壌3月28日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長である最高指導者金正恩同志の中国訪問を歓迎して、中国共産党中央委員会総書記で中国国家主席であり、中央軍事委員会主席である習近平同志が26日、人民大会堂で盛大な宴会を催した。

金正恩国務委員長と李雪主女史が、習近平国家主席と彭麗媛女史に案内されて宴会場である金色大庁に姿を現した。

全ての宴会参加者は、両党、両国の最高指導者たちを熱烈に歓迎した。

宴会に先立って参加者は、朝中友好の根源をもたらして培った両党、両国の指導者たちの活動を収録した映像編集物を視聴した。

金日成主席、金正日総書記と毛沢東、周恩来、鄧小平、江沢民、胡錦濤、習仲勲の各氏をはじめ、老世代指導者たちの生涯を伝えるシーンは、参加者に感銘を与えた。

宴会では、習近平主席が祝賀演説をし、金正恩委員長が答礼演説を行った。

宴会は終始、同志的で兄弟的な和気あいあいとした雰囲気の中で行われた。

宴会では、金正恩委員長の中国訪問を歓迎して中国芸能人が特別に準備した芸術公演があった。

金正恩委員長と李雪主女史は、立派な公演を行って歓待の意を表してくれた出演者たちに花籠を伝え、習近平主席、彭麗媛女史と共に舞台に上がって彼らと記念写真を撮った。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮国務委員会副委員長であり、党中央委員会副委員長である崔龍海氏と朝鮮労働党中央委員会政治局委員で党中央委員会副委員長である朴光浩、李洙墉、金英哲の各氏、朝鮮労働党中央委員会政治局委員で外相である李容浩氏をはじめ随行の幹部と随行員が宴会に招待された。

また、池在龍中国駐在朝鮮大使と大使館員が招待された。

中国共産党中央委員会政治局常務委員会委員である中国国務院総理の李克強、党中央委員会書記処書記の王滬寧の両氏と中国国家副主席の王岐山氏、中国共産党中央委員会政治局委員で書記処書記であり、党中央委員会弁公庁主任である丁薛祥氏、中国共産党中央委員会政治局委員である楊潔篪氏、中国共産党中央委員会政治局委員で中央政法委員会書記である郭声琨氏、中国共産党中央委員会政治局委員で書記処書記であり、宣伝部長である黄坤明氏、中国共産党中央委員会政治局委員で北京市党委員会書記である蔡奇氏、国務委員で外交部長の王毅氏、中国共産党中央委員会対外連絡部長である宋濤氏をはじめとする中国の党と政府の幹部がこれに参加した。---

金正恩党委員長が宴会で演説行う

【平壌3月28日発朝鮮中央通信】最高指導者である金正恩党委員長が、習近平総書記が人民大会堂で盛大に催した宴会で演説した。

金正恩委員長は演説で、朝鮮半島の新しい情勢の中で偉大な朝中親善の長い歴史的伝統と革命的信義を変わることなく守り、朝中両国関係を代を継いで立派に継承し、発展させていく一念を抱いて中華人民共和国を電撃的に訪問したと明らかにした。

金正恩委員長は、党と国家活動を指導する多忙な中でも自ら時間を割いて、実の兄弟のように温かく、熱烈に歓待してくれている習近平総書記同志と彭麗媛女史に心からの謝意を表した。

今回、われわれの訪問提議を快く受諾し、短期間の訪問が成功裏に行われるようにするために傾けた習近平総書記同志と中国の党と国家の指導幹部同志たちの至誠と真心こもった配慮に深く感動し、それについてとてもありがたく思っていると指摘した。

中国共産党第19回大会が盛大に行われたのに続いて、「二つの会議」が成功裏に終わり、習近平総書記同志が中華人民共和国主席、中華人民共和国中央軍事委員会主席に選挙されたことについて熱烈に祝った。

初の外国訪問の足取りが中国の首都になったのはあまりにも当然であり、これは朝中親善を代を継いで生命のように大事にし、つないでいかなければならない私の崇高な義務にもなると強調した。

長きにわたる期間、共同の闘争で互いに血と生命をささげて緊密に支持、協力してきた朝鮮人民と中国人民は、実生活を通じて自分らの運命が互いに分離されてはならないということを体験したし、川一つを挟んでつながっている兄弟的隣国である両国にとって地域の平和的環境と安定がどんなに貴重であり、それを獲得して守っていくのがどんなに高価なものであるのかをはっきり刻み付けていると言及した。

習近平総書記同志と朝中親善関係の発展と差し迫った朝鮮半島の情勢管理問題をはじめ、重要な事案に対する深みのある意見を交わしたし、朝中両国の社会主義制度をうち固め、両国人民に幸福と未来を与えるための共同の意志を確言したと指摘した。

先代領袖たちの崇高な意を体して、社会主義偉業を目指す聖なる共同の闘争で結ばれて歴史のあらゆる突風の中でも自分の本態を守ってきた朝中親善関係を新たな高さで強化し、発展させるのは朝鮮労働党と政府の確固不動の立場であると強調した。

朝鮮労働党と朝鮮人民は、習近平総書記同志を核心とする中国共産党の指導の下で中国人民が新時代の社会主義現代化強国建設偉業でめざましい成果を収め、中国の国際的権威が日を追って高まっているのを自分の事のように喜ばしく見なしていると明らかにした。

金正恩委員長は演説で、習近平総書記同志の指導の下で中国人民が第19回党大会が提示した課題を立派に貫徹して、中華の偉大な繁栄を成し遂げることを心から願った。---

金正恩国務委員長を習近平国家主席が昼食会に招待

【平壌3月28日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩国務委員長と李雪主女史が27日、習近平国家主席と彭麗媛女史が釣魚台国賓館養源斎で催した昼食会に招待された。

金正恩委員長が李雪主女史と共に養源斎に到着すると、習近平主席と彭麗媛女史が温かく迎えた。

清国乾隆皇帝の別宮として1773年に建てられた古い文化遺跡である養源斎は、かつて金日成主席が中国の先代領袖たちと親善の情を厚くした由緒深い所である。

金正恩委員長は李雪主女史と共に、習近平主席、彭麗媛女史と温かいあいさつを交わし、対面を記念して記念写真を撮った。

金正恩委員長は、家庭的な雰囲気の特別な昼食会を催して招待してくれたことに謝意を表し、習近平主席と意味ある談話を交わした。

朝中両党、両国の最高指導者たちは談話で、いろいろな多くの問題に関する自身の見解と意見を胸襟を開いて述べながら友愛を厚くした。

続いて、習近平主席と彭麗媛女史は金正恩委員長と李雪主女史に中国の茶文化について紹介し、昼食会場に案内した。

金正恩委員長と李雪主女史、習近平主席と彭麗媛女史が同席した昼食会場は、終始和気と血縁の情が満ち溢れた。

金正恩委員長と李雪主女史は同日、習近平主席と彭麗媛女史に誠意をこめて用意した贈物を残した。

金正恩委員長は昼食会の後、習近平主席に訪問期間、温かく歓待してくれたことに再び感謝の情を表し、別れのあいさつを交わした。---

金正恩国務委員長が習近平国家主席に感謝電文を送る

【平壌3月28日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長である最高指導者金正恩同志が、中国共産党中央委員会総書記で中国国家主席である習近平同志に28日、感謝電文を送った

感謝電文は、次の通り。

私は、親しい隣邦である中華人民共和国に対する初の訪問を成功裏に終えて帰国しながら、われわれを誠心誠意迎えて手厚く歓待してくれたあなたと、そして中央と北京市の幹部たちと人民に心からの謝意を表する。

朝中両国人民の社会主義偉業が新しい発展段階に入った重要な時期に行われたわれわれの初の対面は、伝統的な朝中親善を新時代の要求に即して継承し、発展させていける画期的な里程標をもたらした立派な契機となった。

私は、今回の対面と会談の過程にあなたと互いに関心を寄せる問題で見解の一致を遂げたことについて満足に思いながら、革命先輩たちが譲り渡してくれた貴い遺産であり、共同の富である朝中親善が今後、両国人民の利益に合わせて絶えず強化され、発展すると確信する。

兄弟的中国人民があなたを核心とする中国共産党中央委員会の指導の下で新時代の中国特色の社会主義の建設で大きな成果を収めることと、あわせてあなたの健康を祈る。---

金正恩国務委員長の中国訪問を歓迎する宴会で習近平国家主席が演説

【平壌3月28日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩国務委員長の中国訪問を歓迎して盛大に催した宴会で、習近平国家主席が演説を行った。

習近平主席は演説で、金正恩委員長同志の今回の訪問は特別な時期に成された重大な意義を持つ訪問として、金正恩委員長同志と朝鮮労働党中央委員会が中朝両党、両国の関係を高度に重視しているということを十分に示しており、双方間の意思疎通を深化させて協調を強化し、協力を推し進めるうえで重要な意義を持っていると明らかにした。

また、今回の訪問は新しい歴史的時期に両党、両国の関係を新たな段階に引き上げ、地域の平和と安定、発展を推し進めることに重要な寄与をするだろうと述べた。

そして、伝統的な中朝親善は両党、両国の老世代指導者たちが自ら築いて手間をかけて発展させたものであるとし、次のように強調した。

金日成主席同志は生前に40余回にわたって中国を訪問して、毛沢東主席同志と周恩来総理同志をはじめ中国の老世代指導者たちと厚い親善の情を結んだ。

伝統的な中朝親善は血潮で結ばれた親善として、世界に唯一無二のものであり、根深くて葉の生い茂る木と永遠に干からびない泉のようにわが両党と両国人民に幸福を与えている。

金正日総書記同志は2010年5月、中国を訪問した時、朝中親善は老世代革命家たちが築いてわれわれに譲り渡してくれた遺産であり、朝中親善を代を継いで大事にするのはわれわれの歴史的かつ戦略的な選択であり、われわれの確固不動の立場であると述べた。

習近平主席は演説で、金正恩同志と親善的な雰囲気の中で会談を行ったことについて明らかにし、次のように強調した。

私たちは、伝統的な中朝親善を継承し、輝かしていくのは双方の共通の利益に合致し、双方の共同の戦略的な選択であるということについて合意した。

国際および地域の情勢がどのように変わっても、われわれ双方は世界発展の大きな流れと中朝関係発展の全般的な局面をしっかりとらえ、高位級往来を強化して戦略的意思疎通を深化させ、交流と協力を拡大していくことによって両国と両国人民に幸福を与えると確信する。

現時期、中国党と政府、人民は中国共産党第19回大会が提示した戦略的手配に従って「二つの百年」の目標と中華民族の偉大な繁栄という中国の夢を実現するために努力し、闘っている。

勤勉で英知に富む朝鮮人民は金正恩委員長同志を首班とする朝鮮労働党の指導の下で、社会主義経済強国を建設するために奮発し、努力している。

習近平主席は演説で、朝鮮同志たちが政治的安定を守り、経済発展を促すために積極的に努力していることを固く支持し、朝鮮の社会主義建設偉業において新しくてさらなる成果を絶え間なく収めることを願い、それを確信すると強調した。---

    関連記事