北朝鮮で水爆実験の成功に寄与した核科学者、技術者を祝う宴会が平壌の木蘭館(モンラングァン)で開かれた。金正恩党委員長が宴会に出席した。朝鮮中央通信が10日、報じた。

水爆実験の成功に寄与した核科学者、技術者のために開かれた宴会(2017年9月10日付労働新聞より)
水爆実験の成功に寄与した核科学者、技術者のために開かれた宴会(2017年9月10日付労働新聞より)

宴会には、大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験の成功に寄与したメンバーが招かれた。また、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、朴奉珠(パク・ポンジュ)、崔龍海(チェ・リョンヘ)の各氏をはじめ党、国家、軍隊の幹部らが出席した。

金正恩氏は宴会の席上で、「今回鳴らした水爆の爆音は厳しい歳月、困苦欠乏に耐えながら血の代価で成し遂げた朝鮮人民の偉大な勝利である」と強調した。

さらに、「非凡な頭脳を持つ科学者大軍と白頭の革命精神で武装した軍隊と人民、自力更生の闘争伝統があるので、チュチェ革命の最後の勝利は確定的である」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

核科学者、技術者のための祝宴

【平壌9月10日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会と党中央軍事委員会が、水爆実験の完全な成功によって民族史的大慶事、特大出来事をもたらした核科学者、技術者のために盛大な祝宴を催した。

最高指導者金正恩委員長が、宴会に同席した。

宴会には、大陸間弾道ロケット装着用水爆実験の成功に寄与したメンバーが招かれた。

金正恩委員長は、モンラン(木蘭)館の宴会場に赴いて大陸間弾道ロケット装着用水爆実験の成功に寄与したメンバーと共に朝鮮人民軍陸軍、海軍、航空・対空軍、労農赤衛軍儀仗隊を査閲した。

朝鮮労働党中央委員会の李萬建副委員長の祝賀演説があった。

演説者は、共和国核戦力の総司令官である金正恩委員長の委任によって、水爆実験で完全に成功して第7回党大会が提示した国家核戦力完成の完結段階の目標を達成することに大いに貢献した勇敢な英雄たちを熱烈に祝った。

また、核戦闘場に勇躍身を投じていかなる名誉と評価も願わず、青春も生命も睦まじい家庭の幸福も惜しみなく捧げて朝鮮労働党の命令をあくまでも貫徹した核決死隊員こそ、全国が推し立てるべき真の愛国者、隠れた功労者であると述べた。

そして、核開発者の具体的な闘争内容と功労について知っている人はほとんどいないが、朝鮮労働党は地心深く埋まっている彼らの血と汗、英雄的偉勲の節目を隈なく察しており、最も高く評価していると強調した。

さらに、この世には国防部門に従事する人が少なくないが、われわれの核開発者のように指導者の格別な愛と見守りの中で栄光と幸福の最絶頂で誉れ高くて誇らしい生を享受する幸運児はいないと語った。

続けて、実に超強度爆発力を持つわれわれの水爆は金正恩委員長の祖国と人民に対する熱烈な愛が凝縮された金正恩同志の水爆、朝鮮労働党の熱核弾だと興奮した気持ちを吐露した。

演説者は、朝鮮労働党は祖国と革命に限りなく忠実な国防科学戦士を固く信じて社会主義強大国の明るい未来を設計しているとし、核開発者が党中央決死擁護精神を満装弾して国家核戦力の完成を目指す最終段階の戦闘をいっそう力強く繰り広げることによって、敵を完全に制圧できる世界最強の核弾頭が最高司令部の兵器廠にぎっしり詰まるようにすることついて述べた。

金正恩委員長は宴会の席上、意義深い言葉を述べた。

金正恩委員長は、朝鮮労働党第7回大会が掲げた部門別課題を最も堂々と現実的に貫徹した核開発者の偉勲を高く評価し、彼らに党と国家を代表して再び感謝を贈ると熱烈に語った。

金正恩委員長は、わが共和国の核戦力建設の草分けの道を開き、輝かしい勝利へ導いた金正日総書記がこんにちの勝利の報を聞いたなら、どんなに喜んだことであろうかと切々に述べながら、今回鳴らした水爆の爆音は厳しい歳月、困苦欠乏に耐えながら血の代価で成し遂げた朝鮮人民の偉大な勝利であると強調した。

また、第7回党大会の決定貫徹のための闘争の先鋒で旗印を掲げて進む核戦闘員の闘争精神、闘争気風を各部門、各単位が見習うことについて語った。

そして、国家核戦力完成の完結段階の目標を達成するための闘争で、国防科学部門の科学者、技術者が党の並進路線に忠実に従って自衛的な核抑止力をうち固めるための科学研究をより野心に満ちて繰り広げることに関する課題を提示した。

さらに、金日成主席と金正日総書記が築き上げた強固な自立的経済の土台があり、非凡な頭脳を持つ科学者大軍と白頭の革命精神で武装した軍隊と人民、自力更生の闘争伝統があるので、チュチェ革命の最後の勝利は確定的であると述べた。

金正恩委員長は、わが党の頼もしい核戦闘員が水爆実験の完全な成功によって民族史的大慶事、特大出来事をもたらした闘争の勢いを瞬間も緩めず、いっそう奮発してさらなる勝利を収めていくことについて強調した。

黄炳瑞、朴奉珠、崔龍海の各氏をはじめ党・国家・軍隊の責任幹部がこれに陪席した。---

    関連記事