北朝鮮の国防科学院は4日、大陸間弾道ロケット(ミサイル)の試射に成功したという報道を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

国防科学院の報道によると、大陸間弾道ミサイル(ICBM)火星14型は、「7月4日午前9時、わが国の西北部地帯で発射され、予定された飛行軌道に沿って39分間飛行して朝鮮東海の公海上の設定された目標水域を正確に打撃した」という。

また、「頂点高度2802キロまで上昇して933キロの距離を飛行した」と述べた。

金正恩党委員長が試射を現地で観察し、「その立派な成功を世界に荘厳に宣言した」という。

報道は、「朝鮮民主主義人民共和国は、核兵器と共に世界のどの地域も打撃できる最強の大陸間弾道ロケットを保有した堂々たる核強国として、米国の核戦争脅威・恐喝を根源的に終息させて朝鮮半島と地域の平和と安定を頼もしく守っていくであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮国防科学院の報道

【平壌7月4日発朝鮮中央通信】朝鮮国防科学院は4日、次のような報道を発表した。

朝鮮労働党委員長で共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である党・国家・軍隊の最高指導者金正恩同志の戦略的決断に従って共和国国防科学院の科学者、技術者が、新しく研究、開発した大陸間弾道ロケット「火星14」型の試射を成功裏に行った。

大陸間弾道ロケット「火星14」型は、チュチェ106(2017)年7月4日午前9時、わが国の西北部地帯で発射され、予定された飛行軌道に沿って39分間飛行して朝鮮東海の公海上の設定された目標水域を正確に打撃した。

試射は、最大高角発射システムで行われ、周辺諸国の安全にいかなる否定的影響も与えなかった。

大陸間弾道ロケットは、頂点高度2802キロまで上昇して933キロの距離を飛行した。

党・国家・軍隊の最高指導者金正恩委員長が大陸間弾道ロケット「火星14」型の試射過程を現地で自ら観察し、その立派な成功を世界に荘厳に宣言した。

国家核戦力完成のための最終関門である大陸間弾道ロケット「火星14」型試射の一度の成功は、偉大な朝鮮労働党の新しい並進路線の旗印に従って非常に速いスピードで強化され、発展したチュチェ朝鮮の不敗の国力と強大無比の自立的国防工業の威力に対する一大誇示であり、世紀を継いで強力かつ威力ある国防力を渇望してきたわが共和国の歴史に特記すべき大慶事、特大出来事となる。

朝鮮民主主義人民共和国は、核兵器と共に世界のどの地域も打撃できる最強の大陸間弾道ロケットを保有した堂々たる核強国として、米国の核戦争脅威・恐喝を根源的に終息させて朝鮮半島と地域の平和と安定を頼もしく守っていくであろう。

    関連記事