北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は13日、5月に3週連続でミサイルを発射したことで、核開発と経済建設を同時に進める「並進路線」の正当性を実証したとする論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、5月は「米国とその追随勢力にとっては絶望と苦悩に満ちた落胆の月であった」としながら「われわれの各種の弾道ロケットは多発的に、連発的に万里大空を飛びながらチュチェ朝鮮が攻撃と防御のいずれにも準備ができているということを全世界に誇示した」と主張した。

また、「5月の空に高らかに響き渡った勝利の雷鳴は、朝鮮労働党の並進路線が指し示す進路に沿ってすでに作成した時間表とロードマップに沿って前進するチュチェ朝鮮の核強国建設偉業の正当性と最後の勝利の必然性を雄弁に実証した」と指摘した。

さらに、「米国がチュチェ朝鮮の威力と意志に顔を背けてわれわれの正義の偉業に挑戦し続けるなら、白頭山革命強兵の無慈悲な懲罰打撃を免れられない」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝鮮の最後の勝利は確定的だ

【平壌6月13日発朝鮮中央通信】13日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、去る5月は共和国にとってチュチェの核強国建設史に特記すべき偉大な出来事が多段に起こった勝利の月であったなら、米国とその追随勢力にとっては絶望と苦悩に満ちた落胆の月であったと強調した。

論説は、5月の空に刻まれた複数のチュチェ弾の飛行雲は白頭山大国の不敗の強大さと底知れない発展潜在力で米国の対朝鮮敵視政策を総破たんへと追い込む輝かしい勝利の軌道だとし、次のように指摘した。

われわれの各種の弾道ロケットは多発的に、連発的に万里大空を飛びながらチュチェ朝鮮が攻撃と防御のいずれにも準備ができているということを全世界に誇示した。

非常に強化されたわが国家の尊厳と強大無比の国力を誇示した複数のチュチェ弾は、敵対勢力の最も悪らつな制裁騒動を排し、歴史が知らない試練の千万の峠を頑強に突破してわれわれが作り出した自力自強の創造物である。

米国とかいらい軍部ごろはわれわれのチュチェ弾に度肝を抜かれて悲鳴と気抜けした嘆息をもらしている。

5月の空に高らかに響き渡った勝利の雷鳴は、朝鮮労働党の並進路線が指し示す進路に沿ってすでに作成した時間表とロードマップに沿って前進するチュチェ朝鮮の核強国建設偉業の正当性と最後の勝利の必然性を雄弁に実証した。

論説は、米国がチュチェ朝鮮の威力と意志に顔を背けてわれわれの正義の偉業に挑戦し続けるなら、白頭山革命強兵の無慈悲な懲罰打撃を免れられないと警告した。

    関連記事