北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は10日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射を示唆する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「われわれが米本土の任意の所を精密打撃できる大陸間弾道ロケットの発射を断行する場合、核脅威・恐喝と戦争挑発を基礎とする米国の対朝鮮敵視政策が終末を告げるためである」と指摘した。

さらに、「われわれが最近行った戦略兵器試験はチュチェ朝鮮が大陸間弾道ロケットを試射する時刻が決して遠くないということをはっきりと実証した」と述べた。