1ヶ月休むための診断書を作ってもらうためのワイロは、200元(約3280円)が相場だ。これでも庶民にとっては大金だが、大金持ちになると桁違いの額のワイロを渡し、数カ月から数年も休める診断書を作ってもらう。中には、社会保障者(長期療養者、障がい者)扱いにしてもらい、一切の労働、動員を免除してもらっている者すらいる。

このような不正は毎年のように摘発されるが、検閲係官にワイロを渡せばもみ消してもらえる。また、そもそもの原因が国のシステムにあるため、根絶は不可能と言っても過言ではないだろう。

人民病院の医師の給料は、コメ1キロ分にしかならない5000北朝鮮ウォン(約65円)前後。かつては様々な配給がもらえたため、これぐらいの給料でも生きていけたが、90年代後半に配給システムが崩壊してからは事情が一変した。

    関連記事