北朝鮮の金正恩党委員長は14日、新型の地対地中・長距離戦略弾道ロケット(ミサイル)「火星12」型の試射を現地指導した。朝鮮中央通信が15日、報じた。同通信によると、試射は成功したという。

弾道ミサイル「火星12」型の試射を現地指導した金正恩氏(2017年5月15日付労働新聞より)
弾道ミサイル「火星12」型の試射を現地指導した金正恩氏(2017年5月15日付労働新聞より)

同通信は、「発射されたロケットは予定の飛行軌道に沿って最大頂点高度2111.5キロまで上昇飛行して距離787キロの公海上の設定された目標水域を正確に打撃した」と報じた。

さらに、「過酷な再突入環境の中で操縦戦闘部の末期誘導特性と核弾頭爆発システムの動作の正確性を実証した」としながら、ミサイル技術の向上を誇示した。

弾道ミサイル「火星12」型(2017年5月15日付労働新聞より)
弾道ミサイル「火星12」型(2017年5月15日付労働新聞より)

金正恩氏は、「わが共和国が到達した国防科学技術発展の高い境地を見せる地対地中・長距離戦略弾道ロケット『火星12』型の試射の大成功は朝鮮半島と地域の平和と安定の保障に実に重大かつ特別な意義を持ち、何にも比べられない朝鮮人民の偉大な勝利になる」と述べた。

また、「誰が認めようと認めまいと、わが国家は名実共に核強国である」としながら、「想像できないほどに速いスピードで非常に強化発展したわれわれの核抑止力で核恐喝をこととする連中を断固と治める」と強調した。

弾道ミサイル「火星12」型の試射を現地指導した金正恩氏(2017年5月15日付労働新聞より)
弾道ミサイル「火星12」型の試射を現地指導した金正恩氏(2017年5月15日付労働新聞より)

つづけて、「米国がいわゆる圧迫だの、何のとして朝鮮半島の周辺に核戦略装備を大々的に投入してわれわれを威嚇、恐喝しているが、核のない国、力の弱い民族だけを選んで軍事的に翻弄する卑怯なアメリカ式虚勢はわれわれには通じず、実に笑止千万である、米国がわが国家に反対してあえて軍事的挑発を選択するなら、喜んで対応する準備ができている」と述べた。

さらに、「米本土と太平洋作戦地帯がわれわれの打撃圏内に入っている現実、せん滅的報復打撃のあらゆる強力な手段がわれわれの手中にあるという現実に顔を背けてはいけず、誤って判断してはいけない」と、米国をけん制した。

弾道ミサイル「火星12」型の試射を現地指導した金正恩氏(2017年5月15日付労働新聞より)
弾道ミサイル「火星12」型の試射を現地指導した金正恩氏(2017年5月15日付労働新聞より)

そのうえで、「ロケット研究部門の科学者、技術者が収めた成果に満足せず、拍車をかけ続けて米国とその追随勢力が気を確かに持って正しい選択をする時まで高度に精密化、多種化された核兵器と核打撃手段をより多くつくり、必要な実験準備をいっそう推し進めるべきだ」という命令を下しながらミサイル開発の継続をアピールした。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が新型のロケットの試射を現地で指導

【平壌5月15日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である党・国家・軍隊の最高指導者金正恩同志の遠大な核強国建設構想を体して世界にこれ見よがしに新しい目標に向けて果敢に突進しているロケット研究部門の科学者、技術者はチュチェ106(2017)年5月14日、新しく開発した地対地中・長距離戦略弾道ロケット「火星12」型の試射を成功裏に行った。

金正恩委員長が、新型のロケットの試射を現地で指導した。

金正恩委員長は、新型の地対地中・長距離戦略弾道ロケット「火星12」型を見ながら、朝鮮労働党の軍事戦略・戦術思想と現時代の要求に合うもう一つの完璧(かんぺき)な兵器システム、「チュチェ弾」が生まれたことに喜びを禁じ得なかった。

今回の試射は、威力の強い大型の重量核弾頭装着が可能な新型の中・長距離戦略弾道ロケットの戦術的・技術的諸元と技術的特性の確証に目的を置いて周辺諸国の安全を考慮して最大高角発射システムで行った。

金正恩委員長の命令に従って未明4時58分、新型の地対地中・長距離戦略弾道ロケット「火星12」型が発射された。

発射されたロケットは予定の飛行軌道に沿って最大頂点高度2111.5キロまで上昇飛行して距離787キロの公海上の設定された目標水域を正確に打撃した。

ロケットの試射を通じてわれわれの国防科学者、技術者が朝鮮式に完全に新しく設計した中・長距離戦略弾道ロケットの誘導および安定化システム、構造システム、加圧システム、検閲および発射システムのすべての技術的特性が完全に実証され、新しく開発されたロケット・エンジンの信頼性が実際の飛行環境の条件で再確認された。

また、過酷な再突入環境の中で操縦戦闘部の末期誘導特性と核弾頭爆発システムの動作の正確性を実証した。

金正恩委員長は、ロケット研究部門の活動家たちを抱きしめて、その間ご苦労だった、本当に大きなことをやり遂げたと高くたたえ、試射に参加した活動家と科学者、技術者と意義深い記念写真を撮った。

また、朝鮮式の中・長距離戦略弾道ロケットを作り出した彼らを重ねて高く評価し、自身の名義で特別感謝を与えた。

金正恩委員長は、わが共和国が到達した国防科学技術発展の高い境地を見せる地対地中・長距離戦略弾道ロケット「火星12」型の試射の大成功は朝鮮半島と地域の平和と安定の保障に実に重大かつ特別な意義を持ち、何にも比べられない朝鮮人民の偉大な勝利になると信念に満ちて述べた。

誰が認めようと認めまいと、わが国家は名実共に核強国であると堂々と宣言しながら、想像できないほどに速いスピードで非常に強化発展したわれわれの核抑止力で核恐喝をこととする連中を断固と治めると力強く述べた。

米国がいわゆる圧迫だの、何のとして朝鮮半島の周辺に核戦略装備を大々的に投入してわれわれを威嚇、恐喝しているが、核のない国、力の弱い民族だけを選んで軍事的に翻弄する卑怯なアメリカ式虚勢はわれわれには通じず、実に笑止千万であるとし、米国がわが国家に反対してあえて軍事的挑発を選択するなら、喜んで対応する準備ができていると述べた。

世界で最も完成された兵器システムが決して米国の永遠な独占物にならず、われわれも相応の報復手段を使える日が来ると確信するとし、米国はその機会に、朝鮮の弾道ロケットが米国に実際に脅威になるのか、ならないのかをはっきり見ることになるだろうと述べた。

金正恩委員長は、米国がたわいない軽挙妄動でわが共和国にやたらに手出しするなら、史上最大の災難を免れられないとし、米本土と太平洋作戦地帯がわれわれの打撃圏内に入っている現実、せん滅的報復打撃のあらゆる強力な手段がわれわれの手中にあるという現実に顔を背けてはいけず、誤って判断してはいけないと強く警告した。

金正恩委員長は、ロケット研究部門の科学者、技術者が収めた成果に満足せず、拍車をかけ続けて米国とその追随勢力が気を確かに持って正しい選択をする時まで高度に精密化、多種化された核兵器と核打撃手段をより多くつくり、必要な実験準備をいっそう推し進めるべきだという命令を下した。

    関連記事