金正恩氏の暗殺計画

東京新聞が2日付の朝刊で、北朝鮮で金正恩党委員長の暗殺が計画され、未遂に終わったと報じている。

同紙によれば、北朝鮮で36年ぶりに朝鮮労働党大会が開催された昨年5月、秘密警察・国家安全保衛部(現・国家保衛省)の地方組織が実施した一部住民に対する講演で、金正恩氏の専用列車の爆破計画が党大会前にあり、未遂に終わったと報告していた。事件の具体的な時期、容疑者の氏名は明らかにされていないという。

(参考記事:「正恩氏の列車 爆破計画」 昨年5月、北秘密警察報告)

講演内容がこのとおりならば、暗殺計画は実在した可能性が高い。体制の守護を使命とする秘密警察が、このようなウソを言う理由が見当たらないからだ。

ただ、このような情報は、これまでにもまったくなかったわけではない。

たとえば2015年10月初め、北朝鮮の葛麻(カルマ)飛行場で、金正恩氏の視察前日に大量の爆薬が見つかったと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じている。

建物の天井裏から発見されたのは、TNT火薬20キロ。手榴弾なら130個分以上になり、「暗殺計画」の存在を疑いたくなる量だ。

金正恩氏の暗殺ミステリー

真偽のほどは定かでないが、金正恩氏の「悪政」に不満を募らせた幹部が、遂に行動を起こしたということなのだろうか。玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)元人民武力相のように、文字通りミンチにされて殺されるぐらいなら、「こっちが先にやってやる」と考える幹部が出てきても不思議ではない。

(参考記事:玄永哲氏の銃殺で使用の「高射銃」、人体が跡形もなく吹き飛び…)

国民に対する監視・統制の厳しい北朝鮮では、体制への不満をぶちまけるのも命がけだ。つい最近の例では、市民が権力への抗議の意を表すため、朝鮮労働党の庁舎前で切腹する出来事があったようだ。

また過去には、製鉄所の労働者たちが権力の横暴に集団で抗議。それを弾圧するため体制側が軍隊を投入し、数百人もの人々を戦車で轢き殺すという凄惨な事件もあった。

(参考記事:抗議する労働者を戦車で轢殺…北朝鮮「黄海製鉄所の虐殺」)

さらに軍隊内では、クーデター未遂事件があったとの情報も伝えられている。1990年代半ば、朝鮮人民軍第6軍団が蜂起を計画。実行前に、やはり体制により抑え込まれてしまったという。

金正日氏の暗殺未遂説

一方、今回のカルマ飛行場の件とよく似たケースであるように感じられるのが、2004年春に起きた龍川駅爆発事故だ。中国を訪問した金正日氏(金正恩氏の父であり、金正恩氏の前の最高指導者)が特別列車での帰路上で、小学生ら1500人を巻き込んだ謎の大爆発が起きたのだ。この出来事はいまもって、「暗殺計画」の可能性をはらむミステリーとして語られている。

(参考記事:なぜ最高指導者の近くに大量の爆発物が…北朝鮮「暗殺未遂説」のミステリー)

北朝鮮において、最高指導者が水も漏らさぬ警護体制に守られているのは周知の通りだ。それなのにどうして、大量の爆発物が金親子の身近に置かれていたのか。

そんなことが一度ならず繰り返し起きるとは、金正恩体制に近い将来、何らかの異変があり得ることを示唆しているようでならない。

北朝鮮の暗殺部隊

暗殺は北朝鮮の首脳部を狙うものだけではない。北朝鮮が、数百人の工作員を海外へ派遣し、彼らが各地で様々な問題を起こしているという。

(参考記事:金正恩氏が数百人の暗殺・拷問部隊を海外派遣する理由)

また、金正恩氏の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害される事件も起きている。

(参考記事:金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か…浮かび上がる「裏切り者」の存在)

金正恩氏を暗殺する「斬首作戦」

朴槿恵(パク・クネ)政権のときから、「北朝鮮が戦争を決断する前に、先制攻撃で制圧してしまおう」と、韓国軍の金正恩「斬首作戦」が取り沙汰されてきた。

斬首作戦とは、南北朝鮮の緊張が激化して衝突の可能性が高まった際、北朝鮮が全面戦争を決断する前に、先制攻撃で北朝鮮の意思決定機関を除去してしまおうとするものだ。要するに、暗殺作戦である。

この作戦が導入されたきっかけは、2015年8月の地雷爆発事件。南北軍事境界線の非武装地帯で北朝鮮が仕掛けた地雷が爆発し、韓国軍兵士が重傷を負った。朝鮮半島が一触即発の緊張状態に突入した。この時に、韓国は衝撃的な動画を公開した。

(参考記事:【動画】吹き飛ぶ韓国軍兵士…北朝鮮の地雷が爆発する瞬間

金正恩氏は、いつ暗殺されるかもしれないという恐怖心からか、一般人が使用するトイレを使わないほど、身辺に注意を払っているという。

(参考記事:金正恩氏が一般人と同じトイレを使えない訳

韓国軍の「金正恩暗殺部隊」

韓国も特殊任務旅団、いわば「金正恩暗殺部隊」を創設するとしている。今年1月4日、黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行(首相)に提出した2017年度業務計画の中で報告した。当初、2019年創設予定だったが、2年前倒しされた。

(参考記事:韓国軍が「金正恩暗殺部隊」を年内に創設)

しかし、斬首作戦には膨大なリスクが伴うことから、金正恩氏暗殺はそう簡単には実行されないだろう。

アメリカが金正恩氏を暗殺しない理由

アメリカが金正恩氏を暗殺しないのはなぜか。

イラクのフセイン大統領、リビアのカダフィ大佐などの独裁者を、死に追い込んだことはある。同じく独裁者である金正恩氏を暗殺しないのだろうか。独裁者を暗殺することが最も効率が良さそうだが。

アメリカが金正恩氏を暗殺しない理由。それは、金正恩氏が核兵器を持っていることだ。

仮に、暗殺に失敗した場合、核兵器を搭載したミサイルが在韓米軍や在日米軍を狙うだろう。さらには、完成に近づきつつある核兵器搭載ICBMで米本土が狙われるかもしれない。 このようなリスクを民主主義国家であるアメリカが負えないだろう。

アメリカでさえも、金正恩氏暗殺に手を出すことは考えにくい。

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記