北朝鮮の労働者数百人が、中国の丹東経由でロシアに向かったもようだ。また、別の数百人もロシア行きに向け、待機している状況だという。ロシアに派遣される北朝鮮の労働者が、中国経由のルートを使うのは非常に異例だ。北朝鮮とロシアは国境を接しているためだ。

韓国のNGO・自由北韓国際ネットワークのキム・ドンナム代表によると、丹東の2ヶ所の旅館に今月9日、数百人の北朝鮮労働者がやって来た。旅館は5階建てだが、彼らだけで満室となった。1週間ほどして、彼らはロシアに向けて旅立っていった。16日には平壌と平安南道(ピョンアンナムド)出身の男性200人がやってきて、現在21日の時点で宿泊している。

丹東を経由するルートは、かつて北朝鮮がロシアの内陸に労働者を送り出す際に使われていた。空路より陸路の方が運賃が安いからだ。丹東からは、ロシア国境の満州里までの1600キロを27時間で結ぶ2686/7次列車が運行されている。運賃は、硬座(2等座席)で177元(約2900円)である。