ところが、中国共産党ハルビン市中央宣伝部はSNSの微博(ウェイボー)で、この列車は3月1日から6月22日まで閑散期のため、運休中であると伝えている。しかし、中国の一般客との接触を嫌う北朝鮮当局の意向で、貸切列車として運行されている可能性も否定できない。

派遣先のロシアで亡命し韓国にやってきた脱北者によると、このルートは10年ほど前に北朝鮮当局の指示で閉鎖されたが、最近になって新たに開通または復活した可能性があると指摘した。

この脱北者は、平壌から列車に乗り5日かけてロシア国境の豆満江(トゥマンガン)駅を経て、さらに1週間以上かけてモスクワに到着したと証言した。平壌とモスクワの1万キロを超える距離を8日と15時間かけて走る世界最長の国際列車があったため、中国経由にする必要はなかった。

    関連記事