北朝鮮の朝鮮法律家委員会の代弁人(スポークスマン)は2日、朝鮮中央通信の記者の質問に答える形で「米国が国連安保理の対朝鮮『制裁決議』を合理化しようとする詭弁を並べ立てている」と非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

スポークスマンは、「米国とその追随勢力が国連安保理を盗用して今まで作り上げ、でっち上げたすべての反共和国『制裁決議』は、主権国家の合法的権利と公認されている国際法を乱暴に無視したことで、その不法性が日を追って赤裸々にさらけ出されている」と指摘。

また、「国連安保理で作り出す『制裁決議』が何らの法律的根拠もなく、主権国家の合法的権利と国連憲章に明記されている国際関係の諸般の原則に対する乱暴な蹂躙になるということは、すでに国際法律界でも結論を下した問題である」と強調した。