北朝鮮の労働新聞は1日、日米韓が行った「ミサイル警報訓練」に対して、重大な軍事的挑発であり朝鮮半島情勢を激化させる平和破壊行為だと非難する署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「かいらいは自分らの悪巧みを実現するために米国、日本と共に『ミサイル警報訓練』という戦争演習騒動をヒステリックに起こした」と指摘。

また、「これは明白に北侵先制攻撃のための事前準備策動としてわれわれに対する重大な軍事的挑発であり、朝鮮半島と地域の情勢を故意に激化させる許せない平和破壊行為だ」と糾弾した。