北朝鮮の朝鮮中央通信は17日、「自衛的措置として核には核で、大陸間弾道ロケットには大陸間弾道ロケットで立ち向かう」と主張する記事を配信した。

同通信は、「米国の利害関係によって、米国が一方的につくり出した二重的なものさしによって、ある国に対しては主権国家の合法的な自主権行使が『不法』に、自衛的措置が『挑発』に罵倒されるが、ある国に対しては何の制限もなく無事通過しているのがこんにち、国連舞台での現実である」と指摘。

また、「米国は世界制覇を追求しながら思想と体制が異なり、反帝・自主を志向する国々に対しては国際法と国際機構の使命と役割は眼中になく、二重基準適用行為をためらわずに働いてきた」と米国を非難した。