台風10号(ライオンロック)による大雨で甚大な被害が発生した北朝鮮の北部国境地域。北朝鮮当局は、これら地域への通行証(旅行許可書)の発行を中止した。その理由は道路や鉄道の寸断によるものではない。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が詳細を報じた。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋によると、9月初めから中央の指示で国境地域への通行証を発行を中止した。従来はワイロさえ払えば発行してもらえたが、今ではそれもできなくなっている。

脱北を恐れ

通行証と鉄道の切符があっても、保衛部(秘密警察)の10号哨所での検問で、ことごとく追い返されてしまう。商人はもちろんのこと、出張に向かう役人ですら通行は認められていない。