北朝鮮の外務省米国研究所の代弁人(スポークスマン)は6日、朝鮮中央通信社とのインタビューで、米国において「3次相殺戦略」を朝鮮半島に適用すべきという主張が出ていることに対し、「北東アジア地域での軍事的覇権維持策動を露骨にしてみようとする陰険な下心の発露である」と非難した。

スポークスマンは、「朝鮮半島とその周辺で絶えざる武力増強と戦争演習で実際の戦争の危険をもたらしているのはまさに、米国である」としながら「米国はわれわれとの全面対決戦で悲惨な終えんを告げないようにするには、われわれの戦略的地位と時代の変化をはっきり見て慎重な選択をすべきだ」と威嚇した。

「3次相殺戦略(third offset strategy)とは、米国の軍事的な優位性を維持するための新戦略であり、米国防総省が2014年11月に公表した「防衛革新イニシアチブ」(DII:Defense Innovation Initiative)で採用された。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。