北朝鮮の祖国平和統一委員会の代弁人(スポークスマン)は30日、国連や日米韓などが、中距離弾道ミサイル・ムスダン発射を非難していることに反発する声明を発表。同日、朝鮮中央通信が配信した。

談話は、「誰が認めようと認めまいと、われわれは小型化、軽量化、多種化された核爆弾を持った核保有国であり、朝鮮式の中・長距離戦略弾道ロケットまで装備した堂々たる軍事大国である」と強調。

そのうえで、「米国がまたもや『国連決議違反』だの、『平和に対する重大な挑発』だの、何のと言い、これに日本の反動層をはじめとする有象無象が合唱し出ている」「朴槿恵一味もやはり、世界が羨望の目で仰ぐ民族の大慶事を共に喜ぶどころか、息が絶える悲鳴を上げながら意地悪く振る舞っている」と日米韓を非難した。

さらに「米国は、根本的に変わったわれわれの戦略的地位と情勢変化の本質を正しく見て、もっと遅れる前に賢明な選択をすべきである」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。