北朝鮮の祖国平和統一委員会の代弁人(スポークスマン)は30日、国連や日米韓などが、中距離弾道ミサイル・ムスダン発射を非難していることに反発する声明を発表。同日、朝鮮中央通信が配信した。

談話は、「誰が認めようと認めまいと、われわれは小型化、軽量化、多種化された核爆弾を持った核保有国であり、朝鮮式の中・長距離戦略弾道ロケットまで装備した堂々たる軍事大国である」と強調。

そのうえで、「米国がまたもや『国連決議違反』だの、『平和に対する重大な挑発』だの、何のと言い、これに日本の反動層をはじめとする有象無象が合唱し出ている」「朴槿恵一味もやはり、世界が羨望の目で仰ぐ民族の大慶事を共に喜ぶどころか、息が絶える悲鳴を上げながら意地悪く振る舞っている」と日米韓を非難した。

さらに「米国は、根本的に変わったわれわれの戦略的地位と情勢変化の本質を正しく見て、もっと遅れる前に賢明な選択をすべきである」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

祖国平和統一委員会の代弁人米国は根本的に変わった朝鮮の戦略的地位をはっきり見て正しい選択をすべきだ

【平壌6月30日発朝鮮中央通信】われわれの強大無比の国防力を誇示しながら万里の大空に打ち上げられた中・長距離戦略弾道ロケット「火星10」発射の壮快なこだまは、この時刻も全世界を揺り動かして巨大な地殻変動を起こしている。

しかし、対朝鮮敵対意識が骨髄に徹している米国がまたもや「国連決議違反」だの、「平和に対する重大な挑発」だの、何のと言い、これに日本の反動層をはじめとする有象無象が合唱し出ているかとすれば、心根がひねくれた朴槿恵一味もやはり、世界が羨望の目で仰ぐ民族の大慶事を共に喜ぶどころか、息が絶える悲鳴を上げながら意地悪く振る舞っている。

はては、破れた制裁と圧迫の太鼓を引き続き騒々しく叩き、いかなる力をもってしてもかなわないように浮上する同族の力強い気概をはっきりと見ながらも、「孤立と自滅を自ら招くようになる」というとんでもない悪態まで連続吐いている。

祖国平和統一委員会のスポークスマンは30日に発表した声明で、誰が認めようと認めまいと、われわれは小型化、軽量化、多種化された核爆弾を持った核保有国であり、朝鮮式の中・長距離戦略弾道ロケットまで装備した堂々たる軍事大国であるとし、次のように強調した。

米国とかいらい一味が制裁だの、圧迫だのという笑止千万な茶番劇に執着するほど、いっそう鋭いチュチェの最先端打撃手段が自分らの命脈を狙っているということを瞬間も忘れてはいけない。

われわれは対話にも、対決にもすべて準備ができており、これに対する最後通牒をすでに数回にわたって送ったことがある。

米国は、根本的に変わったわれわれの戦略的地位と情勢変化の本質を正しく見て、もっと遅れる前に賢明な選択をすべきである。

過去を問わず、祖国の統一と民族の運命開拓のために同伴者と呼んでやり、統一の歴史を新しく記そうと差し伸べたわれわれの善意の手を取らないなら、最後に与えられた運命転換のチャンスさえ永遠に消えてしまうという忠告を南朝鮮当局は心に深く刻み付ける方がよかろう。

    関連記事