韓国の聯合ニュースは、北朝鮮の金正恩党委員長が、同国の内部情報を韓国に流出させる住民を「南朝鮮(韓国)のスパイ」と見なして、大々的な摘発を指示したと報じた。同ニュースによると、金正恩氏は「内部情報を外に流している不純分子が多くいる」と公安幹部を追及。同時に、内部情報を敵に渡す不純分子の策動を排撃するという内容の指示文を公安機関と住民に下したようだという。

エロビデオ流入にも警戒

北朝鮮は、世界でも有数の情報統制社会だが、ここ数年は、携帯電話が普及し、すでに200万人以上のユーザーがいる。しかし、こうした当局公認の携帯電話は国際電話はできず、海外への情報流出は難しい。そこで、北朝鮮の住民らは、違法に持ち込まれている中国キャリアの携帯電話を通じて、韓国や中国に国際電話をする。

北朝鮮の内部情報は、こうした違法携帯により流出されるわけだが、最近ではLINEやカカオトークなどのコミュニケーションアプリも活用されている。聯合ニュースは、流出経路やそのツールについては触れていないが、デイリーNKは、金正恩体制がLINE、カカオなどのアプリにも警戒を強めている情報をキャッチしている。

また、聯合ニュースは、「内部情報を違法に流出させる人を『南朝鮮のスパイ』と見なし、銃殺刑も含め処罰するという指示文の内容が一般家庭にも伝達された」としている。実際、昨年8月には、韓国へ定期的に国際電話をかけていた女性3人が銃殺される出来事も起きており、こうした過去の情報を裏付けるものといえる。

北朝鮮当局は、情報流出だけではなく、韓国や海外の情報が国内に「流入」することにも警戒している。

昨年3月には、2人の韓国人男性が北朝鮮当局によって拘束された。そして、わざわざ謝罪会見を開き、「国情院が作成した偽造紙幣や金正恩氏を冒とくする漫画、エロビデオや韓流映画を記録したフラッシュメモリーなどを北朝鮮に投入した」と告白させた。

もっとも、金正恩体制からすれば、情報の流出入は国家体制を揺るがす「破壊工作」に過ぎないだろう。しかし、国連は、北朝鮮国民が情報・通信へのアクセスから遮断されていることが人権侵害であると指摘している。なによりも、政治的な情報のみならず、エンタメも含めて海外情報に触れたいと思う北朝鮮国民の欲求を抑えつけることは不可能だ。

金正恩氏は、北朝鮮国民の多くが経済の開放を望むと同時に、「情報の開放」も待ち望んでいる現実を知るべきだろう。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事