しかし、国連は、北朝鮮国民が情報・通信へのアクセスから遮断されていることが人権侵害であると指摘している。なによりも、政治的な情報のみならず、エンタメも含めて海外情報に触れたいと思う北朝鮮国民の欲求を抑えつけることは不可能だ。

金正恩氏は、北朝鮮国民の多くが経済の開放を望むと同時に、「情報の開放」も待ち望んでいる現実を知るべきだろう。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事