中国政府は、国連安保理で採択された対北朝鮮制裁決議を厳しく実行しており、軍事用に転用される可能性のある様々な物資の北朝鮮への持ち出しを制限している。その影響で、北朝鮮国内ではチタンの在庫が底をついてしまった。

そこで、北朝鮮当局は例のごとく「密輸」でしのごうとしている。平安北道(ピョンアンブクト)のデイリーNK内部情報筋がその手口を暴露した。

中国丹東の税関は、制裁決議が採択されて以降、武器の材料となる物品の北朝鮮への持ち出しを厳しくチェックするようになった。通関検査の際にチタン板が1枚でも見つれば、トラックと積み荷を丸ごと押収し、中国の販売業者を呼びつけて尋問するほどの厳しさだ。

「手段を選ぶな」

チタンは軽く強固なため、船舶や化学設備、原子炉、航空機、ミサイルや武器の材料としても幅広く使われる。核兵器と長距離ミサイルの開発に力を注いでいる金正恩第1書記にとっては喉から手が出るほど欲しい金属だが、在庫が払底してしまえば、兵器開発への影響は避けられない。