国連安全保障理事会は、北朝鮮が23日に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を行ったことに対し、安保理決議に違反すると非難する報道機関向け声明を発表した。

これに対して、北朝鮮外務省のスポークスマンは26日、朝鮮中央通信記者とのインタビューを通じて「言い掛かりをつけて反共和国圧迫騒動を起こしている」と反論しながらSLBMの発射を正当化した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

スポークスマンは「戦略潜水艦弾道弾水中試射の大成功はチュチェ朝鮮の強力な核攻撃のもう一つの手段を手にした歴史的出来事として、米国の増大する核戦争脅威から国と民族の自主権と生存権を守るための正々堂々たる自衛権行使である」と主張した。

    関連記事