国連安全保障理事会は、北朝鮮が23日に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を行ったことに対し、安保理決議に違反すると非難する報道機関向け声明を発表した。

これに対して、北朝鮮外務省のスポークスマンは26日、朝鮮中央通信記者とのインタビューを通じて「言い掛かりをつけて反共和国圧迫騒動を起こしている」と反論しながらSLBMの発射を正当化した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

スポークスマンは「戦略潜水艦弾道弾水中試射の大成功はチュチェ朝鮮の強力な核攻撃のもう一つの手段を手にした歴史的出来事として、米国の増大する核戦争脅威から国と民族の自主権と生存権を守るための正々堂々たる自衛権行使である」と主張した。

そのうえで、「米国と追随勢力はわれわれの弾道弾水中試射が国連安保理「決議」に対する違反であり、地域と国際情勢を不安定にするという詭(き)弁を並べ立てている」と指摘した。

また「われわれ(※北朝鮮)が強力な核抑止力によって力のバランスを保障することだけが朝鮮半島と地域で核戦争の勃(ぼっ)発を防ぐことのできる唯一の方途になる」と述べた。

さらに、「われわれは誰が何と言っても核には核で立ち向かうという朝鮮労働党の戦略的企図に従って核戦力をいっそう強化するであろう」と主張しながら、核開発とミサイル発射を継続する意思を鮮明にした。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人われわれの戦略潜水艦弾道弾水中試射の大成功は正々堂々たる自衛権の行使

【平壌4月26日発朝鮮中央通信】共和国外務省のスポークスマンは、米国がわれわれの戦略潜水艦弾道ミサイル水中試射に言い掛かりをつけて反共和国圧迫騒動を起こしていることに関連して26日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

今回、われわれの国防科学技術者がもたらした戦略潜水艦弾道弾水中試射の大成功はチュチェ朝鮮の強力な核攻撃のもう一つの手段を手にした歴史的出来事として、米国の増大する核戦争脅威から国と民族の自主権と生存権を守るための正々堂々たる自衛権行使である。

しかし、米国と追随勢力はわれわれの弾道弾水中試射が国連安保理「決議」に対する違反であり、地域と国際情勢を不安定にするという詭(き)弁を並べ立てている。

はては、米国はまたもや国連安保理を推し立ててわれわれの弾道ミサイル活動が「地域と世界の緊張を高調させる行為」になるだの、「糾弾」するだのという公報文をつくり上げるようにした。

われわれは、米国の悪らつな反共和国策動に便乗した国連安全保障理事会のすべての「決議」を断固と全面排撃し、核戦力を中枢とする自衛的軍事力によって朝鮮半島と地域の平和を強固に守っている。

朝鮮半島の平和と安全は、戦略原子力潜水艦を含むすべての核打撃手段を総動員してわれわれを狙った核戦争策動に狂奔している米国によって破壊されている。

米国が対朝鮮敵視政策と核脅威に執着して緊張を極度に激化させているこんにち、われわれが強力な核抑止力によって力のバランスを保障することだけが朝鮮半島と地域で核戦争の勃(ぼっ)発を防ぐことのできる唯一の方途になる。

にもかかわらず、戦略潜水艦弾道弾水中試射をはじめとするわれわれの核武力強化を地域と国際の平和と安全に対する脅威に仕立てるのは完全に逆になった論理として、朝鮮半島で武力衝突と戦争の危険を増大させるだけである。

米国がわれわれに対する極端な敵視政策と核脅威・恐喝策動に執着し続けるほど、われわれの核攻撃能力の絶え間ない飛躍的発展だけを目撃することになるであろう。

われわれは誰が何と言っても核には核で立ち向かうという朝鮮労働党の戦略的企図に従って核戦力をいっそう強化するであろう。

    関連記事