そのうえで、「米国と追随勢力はわれわれの弾道弾水中試射が国連安保理「決議」に対する違反であり、地域と国際情勢を不安定にするという詭(き)弁を並べ立てている」と指摘した。

また「われわれ(※北朝鮮)が強力な核抑止力によって力のバランスを保障することだけが朝鮮半島と地域で核戦争の勃(ぼっ)発を防ぐことのできる唯一の方途になる」と述べた。

さらに、「われわれは誰が何と言っても核には核で立ち向かうという朝鮮労働党の戦略的企図に従って核戦力をいっそう強化するであろう」と主張しながら、核開発とミサイル発射を継続する意思を鮮明にした。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事