北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、同国の国防関係者が、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の大出力エンジンを開発し、試験で完全に成功したと報じた。

金正恩第一書記が、地上噴射試験の命令を下し、西海衛星発射場に出向いて試験を指導したという。

新型ICBMの試験を指導した金正恩氏(2016年4月9日付労働新聞より)
新型ICBMの試験を指導した金正恩氏(2016年4月9日付労働新聞より)

金正恩氏は、「新型ICBMに一段と威力ある核弾頭を装着して米本土をはじめとする地球上のどこにある悪の巣窟であれ、われわれの打撃圏内に置いてこの惑星に二度とよみがえられないように廃虚につくることができるようになった」と、実験の成功を誇示した。