北朝鮮の金正恩氏は、新型の対空迎撃誘導兵器システムの戦闘性能判定のための試射を指導した。朝鮮中央通信が2日、報じた。試射の日時は明かされていないが、1日に韓国軍が補足した地対空ミサイル発射と同一の可能性がある。

また、試射されたミサイルは、ロシアのS300、中国のHQ-9(紅旗9)を模倣して開発されたとされるKN-06と見られる。KN-06は射程が100~150キロで、北朝鮮の兵器では新型の部類に入り、繰り返し発射が行われている。

対空迎撃誘導兵器システムの試射を指導した金正恩氏(2016年4月2日付労働新聞より)
対空迎撃誘導兵器システムの試射を指導した金正恩氏(2016年4月2日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩氏が見守る中、打ち上げられた対空迎撃ロケット(ミサイル)は、空中目標を正確に打撃、消滅させたという。