北朝鮮の朝鮮労働党の機関誌「労働新聞」は28日、署名入りの論評を通じて米ワシントンで31日(現地時間)から開かれる核安全保障サミットについて、「米国主導の『核安全保障サミット』は核なき世界を願う内外世論に対する愚弄、欺まんである」と糾弾した。朝鮮中央通信が同日付で配信した。

労働新聞は「核問題について論じるには米国と南朝鮮の好戦狂らの核戦争脅威を問題視し、弾劾、糾弾しなければならない」と主張。さらに「オバマと朴槿恵のような核戦争狂信者らが主導する『核安全保障サミット』というのは、米国の核専横と強権、親米逆賊の北侵核戦争挑発陰謀を覆い隠すためのベールに過ぎない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。