人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

しかし、現実は正反対である。 米帝の絶え間ない核脅威に立ち向かって自衛的な抑止力を保有したわれわれを謀略にかけて害し、けなす不純な謀議場になってしまったのがまさに「核安全保障サミット」である。

それこそ、裏腹になったのである。 オバマと朴槿恵のような核戦争狂信者らが主導する「核安全保障サミット」というのは、米国の核専横と強権、親米逆賊の北侵核戦争挑発陰謀を覆い隠すためのベールに過ぎない。

まさに、このことから数日後に開かれる「核安全保障サミット」は最も恥ずべき国際会議という汚名だけを残すことになるであろう。 謀略家らは、いかなる権謀術数によっても朝鮮半島非核化の妨害者、北侵戦争狂信者としての汚い正体を決して覆い隠すことはできない。

    関連記事