「朝鮮労働党の並進路線は、急変する情勢に対処するための一時的な対応策ではなく、帝国主義の核脅威と専横が続く限り恒久的に堅持すべき戦略的路線である」

「核先制打撃権は決して米国の独占物ではない。米帝がわれわれの自主権と生存権を核をもって奪おうとする時には躊躇(ちゅうちょ)することなく、核をもって先に痛打を加える」

核兵器事業を指導する金正恩氏(2016年3月9日付労働新聞より)
核兵器事業を指導する金正恩氏(2016年3月9日付労働新聞より)

指導には朝鮮人民軍戦略軍司令官のキム・ラッキョム大将、朝鮮労働党中央委員会のホン・ヨンチル氏、金与正氏の両副部長が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事