北朝鮮では、「光明星節(2月16日:故金正日氏の生誕記念日)を前後に、特別警備週間が実施されている。そんな中、住民の間から金正恩第一書記に関するデマが広がっているという。

このデマの沈静化に向けて、国家安全保衛部(秘密警察)までが捜査に着手するほどだと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。一体、どのようなデマなのか。

別荘に避難用の秘密の洞窟?

咸鏡北道の鏡城郡オンポ地区に、金正恩氏の特閣(別荘)が存在する。今回のデマは、この別荘をめぐるものだ。RFA咸鏡北道(ハムギョンブクト)の内部情報筋は語る。